保険

学資保険が不要な3つ理由: 特に「貯金できない」人は要注意

更新日:

今回は学資保険についてお話します。

学資保険って人気ですよね。とりあえず子供ができたら学資保険に入っとけ!!みたいな風潮ってありません?

「払った保険料より支払額より多いんだから、貯金より得でしょ?とりあえず入っときゃいいじゃん」とか、

「学資保険って強制的に学費を貯金できるから、貯金が苦手な我が家に向いてる!!」

とかいう理由で学資保険に入ってる人も多いんじゃないでしょうか。

 

結論を先に言いますと、個人的には学資保険はオススメしません

「貯金できないから学資保険に入ろうかな?」って思ってる方は、特にやめておいた方がいいです。

それでは、なぜ学資保険が勧められないのか、その理由について説明します。

そもそも、学資保険って何?

学資保険は、将来の学費の積立を目的とした金融商品です。毎月決まった金額の保険料を支払っていき、子供がある年齢 (例えば18歳)になったら、祝い金・満期金などの名目で給付金が受け取れます。

また、契約期間中に、契約者が亡くなったり高度障害状態になった場合、保険料払い込みが免除されるという特徴もあります。つまり、親が亡くなったり障害になって働けなくなったとしたら、それ以降は保険料を払わなくても、満期金は予定どおり満額受け取れるってことです。

よく言われる学資保険のメリット

満期になるともらえるお金が増える

学資保険では、満期まで保険料を支払い続けると、払い込み額より受取額が大きくなります。多いところで大体110%くらいでしょうか。200万円払いこんだら、220万円返ってくるってことですね。

つまり、「保険料払った分よりもらえる金額の方が多いんだったら、貯金より得じゃね?とりあえず入っとこ」ってことですね。確かに、払った金額よりもらえる金額の方が多いんだったらお得な気がしますよね。

強制的にお金が貯まる

これも学資保険が人気な理由でしょう。

学資保険では、保険料の支払いという名目で、毎月強制的にお金が徴収されます。

ですので、貯金が苦手な人も学費を貯められるということになります。

学資保険を勧めない理由

一般的によく言われている学資保険のメリットについて見てきました。

しかしながら、これらのメリットには落とし穴があります。

実はさほどお得ではないばかりか、場合によっては損をする場合もあるので、注意が必要です。

途中解約すると元本割れする場合がある

一つ目は、途中解約のリスクが大きいことです。

学資保険を中途解約すると、(商品にもよりますが)元本割れする場合が多いです。

これ、皆さん知っていることだと思うんですが、リスクを過少評価している方が多いんじゃないかと思うんですよね。

 

このリスク、「自分じゃ貯金できないから学資保険に入った」って方は特に注意が必要です。

だって、月々の収支が常にトントンってことですよね?ちょっと予定外のことが起こるとお金に困るわけなんですよ。

そんな方が、「今後18年間毎月1~2万円のお金を払い続ける」っていう契約を結ぶのはリスクが高いと思いません?どこかの時点でお金が足りなくなり、学資保険を解約したくなる可能性が結構あるんじゃないですか?

  • 夫が病気になり、休職せざるを得なくなった。緊急事態なので学資保険で貯めたお金を今後の生活費に充てたい。
  • 地震で戸建てが破損して修理費用が急に必要になった。貯金じゃ全然足りない。緊急事態なので学資保険で貯めたお金を修理費用に充てたい。
  • 思ったより子供の塾代がかかる。まずは子供がいい大学に行くのが優先なんで、学資保険のお金を塾代に充てて、大学費用は奨学金で賄いたくなった。

・・・こんな事態が「絶対にない」って言えますか?

貯金が苦手な家庭は、中途解約リスクも高いはずなんです。ですので、「貯金が苦手だから」っていう理由で「中途解約リスクが高い」学資保険に加入するのは、そもそも矛盾してるんですよ。

インフレしたら (実質)損をする

学資保険の2つ目の落とし穴は、全期間固定金利であることです。

これは具体例を挙げた方が分かりやすいと思います。

例えば、18年間の保険料が総額200万円、払戻金が220万円の学資保険を契約したとします。

18年間で10%払戻金が増えるので、年利は0.56%になります。

(正確に言うと、保険料は徐々に積み立てられるので、年利はもっと高くなります。が、説明が面倒くさい (笑)ので年利は0.56%として話を続けます。)

で、10年後に景気が良くなって、2%程度のインフレになったとしましょう。

銀行の金利はインフレ率に影響をうけます。ここでは仮に、1年定期預金の金利も2%になったとしましょう。

この定期預金を8年間続けると、利回りは16%になります。

(本当は複利なのでもっと利回りは大きくなりますが、説明が面倒くさいので以下略)

一方、学資保険の金利は、例え銀行の金利が上がっても変わりません。年間0.56%、18年間トータルで10%の利益という条件は変わりません。

つまり、このようなケースでは、銀行に預けた場合は232万円、学資保険の場合は220万円の受取になるので、銀行の定期預金の方が12万円以上得になるんです

もちろん、今後の銀行金利がどうなるかは誰にもわかりません。

ですが、学資保険とは、0.56%という低い固定金利が18年間という長い期間続く金融商品であり、かなりのインフレリスクを伴うということは理解しておきましょう。

強制的に貯金ができる仕組みは他にもある

「貯金が苦手だから強制的に貯金する」という目的で学資保険に加入する方は、

完全に保険営業のセールストークにハマっています

よくよく考えてみると、別に強制貯金できるのは学資保険だけじゃないんですよね。

例えば、銀行の自動積立だって強制的に貯金できますよね。

しかも、銀行の自動積立だったら、途中でやめても元本割れなんてしません。

「貯金を強制的にしたい」だけであれば、敢えて解約リスクの高い学資保険に加入する理由はないはずです。

先ほどお話したように、貯金が苦手な人は学資保険の中途解約リスクが高いです。ですので、そんな方こそ、学資保険ではなく銀行の自動積立をオススメします。

まとめ

今回は、学資保険がオススメできない理由についてお話しました。

学資保険は貯蓄の性格が強い金融商品ですが、「利率の高い貯金」と考えるのは危険です。

中途解約時には元本割れする可能性もありますし、インフレリスクにも対処できません。

また、「強制的に貯金ができる」というメリットも、銀行の自動積立で代用できます。

総合して、リスクのわりにリターンが少ないので、敢えて学資保険を選ぶ理由はないと個人的には考えます。

-保険
-, ,

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.