がん保険で先進医療特約が必要ない理由

がん保険は貯金が70万円ほどあれば必要ないという記事を以前書きました。

貯金が70万円あればがん保険は必要ない

その根拠は、ガンの治療には平均的に30万円程度しかかからないからです。

保険は損得勘定で入るものではありません。基本的には保険に入れば損をするからです。

治療費が貯金で賄えるんであれば、ムリにがん保険に入る必要はないわけですね。

保険加入は基本的に損!!

ですが、生命保険のサイトでは、よくがん保険の必要性として、高額な先進医療が挙げられることが多いですよね。

例えば、重粒子線治療だと300万円の自己負担が必要になりますよ!!でもがん保険に先進医療特約を付ければ2000万円まで自己負担なしですよ!!ってやつですね。

こういった広告を見ると、本当に貯金70万円で足りるの?やっぱりがん保険に入って先進医療特約をつけた方が良いんじゃないの?って思う方もいるんじゃないでしょうか。

結論を先に言うと、先進医療の治療費を考えたとしても、貯金が70万円ある方はガン保険は必要ないと個人的に考えます。

少なくとも先進医療特約を目的にガン保険に入る必要はありません。

それでは、先進医療特約が必要ない理由を見ていきましょう。

そもそも先進医療ってなに?

そもそも、先進医療って何なんでしょうか。実はコレ、結構勘違いしている人が多いとおもうんです。

先進医療のことを、最新のすごく効果のある医療行為で、だから治療に多額のお金がかかる

モノだと思っていませんか?

ですが、これは間違いです。厚生労働省のサイトから先進医療とは何かについて引用します。

先進医療とは、

「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」

のことを言います。

ザックリ言うと、「保険給付に値するかどうかをテストしている最中の最新医療行為」のことですね。

ですので、先進医療にお金がかかるのは、先進医療が従来の医療行為に対して優れているかどうかはまだ分からないからなんです。

テスト後、先進医療が優れていることが証明されたら、保険給付対象の医療行為に格上げされるってことですね。

つまり、先進医療が最新の医療行為で、効果がすごいからお金がかかるっていうイメージは間違いです。

「保険対象にするほどの効果があるかどうかわからない」から、高額のお金がかかるんです。

ちなみに、先進医療はほとんどのがん患者には無縁の治療行為です。

先進医療を受ける患者数は、全がん罹患者の約1%程度にすぎないと言われています。

つまり、99%の人は先進医療を用いず、通常の治療を受けることになります。

まあ、これは考えてみれば当たり前ですよね。

だって、「効くかどうかまだ分からない」のが先進医療なんですからね。

ほとんどの人は、「効果があることが科学的に証明されている」標準医療の方を受けるのが当たり前ですよね。

先進医療のほとんどはそれほど高額ではない

また、先進医療はとても高額なイメージが付きまといますが、実際はそうではありません。

平成27年度先進医療実績報告によれば、平成27年度の先進医療実績は、患者数28,153人に対し、医療費の総額が205億円となっています。

一人当たりの先進医療費を計算すると・・・約73万円になります。

「いやいや、高いじゃん!!」って思った方もいるかもしれませんが、これにはカラクリがあるんです。

実は、一部の先進医療だけがべらぼうに治療費が高いんです。

高額な医療費で有名な、「重粒子線治療」、「陽子線治療」、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の3つを除けば、

平均はたったの98,599円になります

この程度の金額であれば、保険で備えるまでもありませんよね。

先進医療技術は平成27年度では108技術あるので、そのうちの105技術の平均治療費は10万円にも満たないんです。

先進医療は高額なイメージがありますが、ほとんどの先進医療はたいした負担になりません。

保険会社のパンフレットには、この事実ってあまり書かれていないんですよね。

「重粒子線治療は300万円もかかる」とか

「陽子線治療っていう高額な治療もある」とか

高額な先進医療しか紹介しないんですよ。

パンフレットがウソをついているわけではないんですが、ちょっとフェアじゃないですよね。

「先進医療が高額」っていうのは、保険会社が故意に作り出したイメージかもしれませんね。

効果が証明された先進医療はどんどん保険適用にされる

また、高額な先進医療も、その効果が証明されればドンドン保険適用されます。

例えば、小児腫瘍の陽子線治療と骨軟部腫瘍の重粒子線治療は、治療の有効性が実証されたため、2016年1月に保険適用を認めることが決定されました。(他のがんに陽子線や重粒子線治療を行う場合は、保険適用にはなりません。)

このように、先進医療は、効果が実証されればどんどん保険適用されていきます。つまり、本当に効果のある治療法に対しては、先進医療特約で備える必要がありません。

反対に、いつまでたっても保険適用されない治療法もあるかもしれません。しかしながら、このような治療法は、「保険適用するほどの治療効果が証明できない」治療法であるため、あえてこのような治療を選択する必然性はないとも考えられます。

つまり、どちらの場合も先進医療特約は不要であると言えます。

どうしても不安なら、特約ではなく「先進医療専用」の保険に

以上お話したように、先進医療に対して保険で備える必要性は薄いと考えられます。

それでも「やっぱり不安」と思う方には、がん保険の特約ではなく、先進医療専用の保険

に加入することをオススメします。

例えば、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が提供するLinkx Coinsは、先進医療に特化した保険です。

月々500円の負担で、2000万円までの先進医療給付金を受け取ることができます。

先進医療特約を目的にがん保険に加入すると、総額で月々2~3000円程度は取られると思いますので、かなり割安ですね。

先進医療以外の治療費負担に不安がないのであれば、先進医療特化型の保険は最良の選択肢だと思います。

まとめ

今回はがん保険の先進医療特約についてお話しました。

先進医療は高額なイメージがありますが、そのほとんどは実は自己負担10万円以下です。

また、効果が証明されればどんどん保険適用されていきますので、過度に不安になる必要はないでしょう。

基本的には先進医療に保険で備えることは不要だと思いますが、それでも加入を検討するのであれば、Linkx Coinsなどの先進医療特化型の保険にすべきです。