節約

賃貸派必見!!たった五分で引っ越し代を10万円節約する方法

更新日:

引っ越し費用が高い!!って思ったことありませんか?

特に結婚されている場合、このように感じることが多いでしょう。

一人暮らしの時は引っ越しをしてもそんなに高くないんですが、家族ができてモノが増えると金額がガッと上がりますよね。

賃貸派だと、数年ごとに引っ越すなんて人も多いと思います。引っ越し代はバカにならないですよね。

 

ということで、今回は引っ越し代の節約方法についてお話します。

何よりもまず相見積もり!

引っ越し代の節約で一番重要なのは、相見積もりを取ることです。

これば絶対にやってください!

筆者の経験上、10万円以上の節約になることもあります。

 

数年前に東京都内の引っ越しをした時のことです。当時は妻と二人暮らし。妻と二人でベットを飼いたい!!ってなって、引っ越すことにしたんですね。(当時住んでた賃貸はペット不可)

で、部屋を探し終わって、いざ引っ越し!!ってなったとき、最初に問い合わせた会社の見積もりはなんと20万円でした。

夫婦二人暮らし、1LDKなのにこんなにかかるの?って思いましたね。

で、他の業者にも連絡してみる訳ですよ。数社に連絡しましたが、最終的には3万5千円まで安くなりましたよ。

…こんな感じで、各社値段の幅がかなりあります。

 

miyaneは相見積もりするために一社ずつ電話しましたが、そんなの面倒くさい!!って方は、一括見積もりサービスを使うという手もあります。便利なものですね。

一括見積もりサービスを使えば、たった五分で一番安い会社を見つけられます。

引越し価格ガイド

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

さらに価格交渉をしよう

相見積もりだけでもかなりお金の節約が出来ますが、価格交渉をすると更に値引いてくれる場合があります。

  • 他社は○○円にしてくれた、や
  • ○○円まで値引くと即決しますよ

など、価格交渉をしてみましょう。

恐らく、ほとんどの業者が他社より安い金額を提示してくれるはずです。

これを繰り返せば、どんどん引っ越し代が下がっていくっていう寸法ですね。

そもそもモノを減らそう

引っ越しを機に、要らないものを捨てるのが実は大きな節約になります。

訪問見積もりの場合、家具の多さを見て金額を決めます。

この時、

「ソファは捨てるので持っていかなくていいです。この机もいりません」

って感じで、持っていかない予定のものをはっきりと伝えましょう

こうすれば、見積もり額を抑えることができます。

 

そもそも、引っ越しはモノを減らすいい機会なので、要らないものはガンガン捨てるのをオススメします。

せっかく引っ越した先の新しい家が、古い家具で占領されて狭くなるなんて本当にもったいないことだと思うんですよ。

実際、要らない家具って結構ありますからね。

この際、全部捨てちゃいましょう。

あ、ちなみに捨てる際は自治体に頼むのが結局一番安いですよ。

ベッドを捨てても1000円くらいしかかかりませんからね。

まとめ

今回は、引っ越し費用の節約法についてお話ししました。

なによりもまず相見積もりが引っ越し費用節約の原則です。

-節約
-, ,

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.