認可保育園は安すぎる?日本の保育園事情がなんかおかしい件

保活って本当に大変ですよね。

miyane家は今も認可保育園に落ち続けています。

ですので、無認可保育園に子供を預けて妻は復職しましたが、無認可保育園すら見つけるのが大変でした。

当時は「保育料が高くてもいいから復職しなきゃ!!」って感じで保育園を探しました。

ですが、そもそも無認可保育園自体がめちゃめちゃ少ないんです。

やっとのことで保育料10万円ちょっとの認可外保育園をみつけて、なんとか妻が復職できました。

その後、幸い認証保育園に入園できましたが、身を持って保活の大変さを体験しています。

日本の保活って何でこんなに大変なんでしょう?

認可保育園ならまだしも、無認可の保育園すら少なくて預け先が見つからないなんて、さすがに何とかすべきですよね。

では、なにが諸悪の根源なんでしょうか?個人的には認可保育園が恵まれすぎてるからだと思うんですよね。

よく「保育園事情が悪いのは認可保育園が少ないからだ。国が保育園を増やすべき!!」っていう意見を聞きますが、個人的には賛同しません。

保育園事情が悪いのは、国が怠慢だからじゃくて、日本の保育園制度自体に問題があると思っています。

保育費の国際比較: 認可保育園はこんなに恵まれている

地域児童福祉事業等調査の概況によると、日本における子供一人当たりの保育料は、平均で2万491円だそうです。

子どもを平日5日9時間程度預けても、月額2万円ってかなり安いと思いませんか?

というか、破格ですよね。一日当たり約1000円です。

「1000円あげるからうちの子供を8:00~17:00まで預かって」って他人から言われたらどう思いますか?

僕は絶対にイヤですね。全っ然割に合いません。

日本の保育費は国際的に見ても安いと言われています。

例えば、アメリカでは保育費に20万円程度かかる場合も普通にあるそうです。

親戚にアメリカ在住の人がいるんですが、実際にアメリカは保育費がものすごく高いそうです。

また、イギリスでも保育費は月額15万円くらいはかかるそうです。

イギリスの大学に留学した知り合いが言うには、「イギリスでは大学が学生向けに格安で保育所を提供している場合があるが、それでも月8~10万円は最低かかる」だそうです。

こうしてみると、日本の保育費はもともとメッチャ安いんですね。

保育費無料化なんてそもそもしなくてもいいんじゃ…

認可保育園が安すぎて認可外保育園がビジネスになっていない

日本で保活がメチャメチャ大変なのは、認可保育園が安すぎることが原因だとmiyaneはニラんでいます。

どういうことか、順に説明します。

まず、無認可保育園を見学したことがある人はよーくご存知だと思いますが、そもそも保育園の質は認可保育園の方が圧倒的に良いんです。

認可保育園は、庭園がついていたり保育所自体が広かったり一人当たりの保育士さんが多かったり給食を園内で作っていたり、とにかくあらゆる面でコストをかけているんですね。

一方、認可外保育園は、保育所自体が狭いですし一人当たりの保育士さんが少ないですし給食は外注だったり、どうしても認可保育園と比べると見劣りします。

でもですよ。認可保育園の方が認可外保育園より圧倒的に安いんです。

認可保育園の保育料は平均約2万円。一方、無認可の場合は10万円する場合もあります。

当たり前ですが、どちらがいいかと言えば認可保育園ですよね。

だって、質が高くて価格も安いんですから。

で、問題なのが、「認可保育園に落ちた奥さんがその後どうするか」なんですよ。

「認可に落ちたのでしょうがないから無認可に預けよう」って気持ちに中々なれないんですよね。

だって、認可だったら月2万で至れりつくせりなのに、無認可だったら10万でそこそこの質なんですよ?

なんかものすごい損した気持ちになりません?

だったら、「いっそのこと育休を伸ばして、次の認可保育所の募集まで待とう」って思う人って多いと思うんですよ。

「認可レベルの保育サービスは月2万円で受けられる」っていう価格設定が出来ちゃってるんです。

こう考えると、認可外保育園ってビジネスとしてかなり厳しい立場に立ってるのが分かると思います。

だって、「認可保育園」っていう最強のライバルがいるわけですからね。

月2万円であんな素晴らしいサービスを提供されたら太刀打ちできないわけです。

というか、絶対に勝負にならないんですよ。

認可保育園は園児一人当たり月々21万円!!もの補助金が国から支給されるんです (0歳児の場合)。

無認可保育園が経営努力で認可保育園に勝てるわけがないんです。

しかも、認可保育所に落ちた人が無認可に流れてくるわけじゃないんです。

無認可に「割高感」を感じちゃっているので、育休を伸ばしちゃいますからね。

すると、

無認可保育園は経営が苦しくなる

→無認可保育園がどんどん潰れていって数が少なくなる

→認可保育園に落ちた子供の預かり先がない

っていう負のループになっちゃうんですね。

じゃあ、どうすればいいのかというと、方法は2つしかないわけです。

  1. 国が認可保育園を建てまくって、待機児童をゼロにする
  2. 認可保育園と無認可の格差を少なくする

個人的には、1の方法は不可能だと思っています。

東京は特に保育園のための土地を確保するのが困難です。

しかも、保育園が増えれば需要も増えちゃうと思うんですよね。

これだけ保育園が安いと、「これからパートで働きたいから就活のために子供を保育園に預けたい」というような母親も保育園に預けたくなるでしょうしね。

そうなると、いくら保育園を増やしても保育園が足りないって状況になりかねません。

ですので、個人的には2の方法が必要なんじゃないかなって思います。

現状は認可保育園に対して補助金が流れてますが、子育て家庭に直接給付する形にすべきだと思うんですよね。

で、今の保育園の質に合わせて各保育園が保育料を設定すればいいと思うんです。

そうすれば、今の認可保育園レベルの保育を受けるには自己負担で7万円必要だけど、ちょっと園が狭くて園庭がなくてもよければ、自己負担1万円ですむ、みたいな感じで保育園を選べるようになると思うんですね。

こうなれば、「無認可保育園 = 質はそこそこだけど保育料は安い」、「認可保育園 = 質は高いけど保育料は高い」って形になるので、正常な市場原理が働く環境になると思うんですよ。

こういう市場環境が作れれば、無認可保育園も参入しやすくなるので、保育園の数はあっという間に増えると思うんですよね。

まとめ

今回は、日本の保育園事情についてお話しました。

日本の保育園の最大の問題は、「質と価格の逆転」が起こっていることです。

認可保育園の方が無認可より質もよくて価格も安い状況になってしまっています。