結婚式費用を節約するには: ハンコを押す前の交渉が肝

すでに結婚している方には余り関係ないかもしれませんが、今回は結婚式費用の節約方法についてお話ししたいと思います。

家族だけじゃなくて、友達や職場の人を招いたりする場合も多いと思います。

そうなると、結婚式ってとってもお金がかかるんです。だいたい平均300万円と言われています。

ご祝儀があるとはいえ、かなり大きい支出ですよね。

意外と知られていませんが、実は結婚式はちょっと値段交渉すれば簡単に値引いてくれるんです。

業者の言いなりで価格交渉をせずにハンコを押すなんてのはメチャメチャもったいないことなんです。

数十万円単位でお金が変わりますよ。

判子を押す前に値切りましょう

結婚式の価格交渉で一番重要なのは、契約する前に値切ることです。

よくある結婚式の失敗パターンは、

  1. 見学に行く
  2. 担当の方から200万くらいの見積もりを提示される
  3. 手付け金を払って契約する
  4. 結婚式の準備を始める
  5. 最初の見積だと全然足りないことに気づく
  6. 見積もりが350万くらいに膨れ上がる
  7. 「最初の見積もりと違う」と値引き交渉するも断られる
  8. しぶしぶ350万円を払う

こんな感じじゃないですかね。

このケースの失敗は、価格交渉をする前に手付け金を払ってしまってることです。

手付け金ってだいたい10万円程度なんですが、契約破棄すると没収される仕組みになっているところが多いです。

また、一度決めた結婚式場を変えるのは心理的にもかなり抵抗ありますよね。出席者にアナウンスしてしまっていたらなおさらです。

ですので、業者側は「価格交渉されても式場をキャンセルされることはない」って高をくくっています。手付け金を払った後に価格交渉しても、絶対に値引いてくれないんです。

契約する前が勝負です。

価格交渉のコツ

提示された見積もりに必要なものを盛り込ませる

式場を見学に行ったら見積もりを提示されますが、最初の見積もりは信用しないようにしましょう

本当に最低限の費用しか入れていませんので、現実的な見積もりじゃありません。

「ぜいたくしないから大丈夫」とか思わないでください。ぜんっぜん足りないです。

花の装飾も少なすぎて会場が寂しいというかむしろ無機質ですし、

料理も飲み物も最低限ランクですし、

ドレスは選択肢ない上にショボいですし、

演出も何もないですし、

ウェディングケーキもなかったりしますし、

司会ももちろんいないですし、

写真やビデオもないです。

業者側が提示する最低限の見積もりのまま挙式を挙げる人は皆無でしょう。

ですので、まず最初にやることは、見積もりを現実的にすることです。

部屋の装飾やウェディングケーキを加えて、演出を選んで、友達に頼むのがイヤならカメラマンや司会を入れて・・・なんてしていると、簡単に100~150万円見積もりが上がっちゃいます。

でもいいんです。ここからが交渉のスタートなんですから。

予算を伝えて価格交渉をする

最初の見積もりから100~150万上がった金額を見て、「高いな」と思うでしょう。

その気持ちを、素直に伝えればいいと思うんです。

交渉するときのコツは、「もともとこちらが〇〇円くらいを想定していて、そのくらいに収めたい」ということをはっきり言うことです。

何事にも予算はあるはずなので、「予算より高い」ことを伝えるのをためらう必要はありません。

また、「この式場を気に入っている」ことも伝えましょう。

ウェディングプランナーの方も、お客さんに幸せな結婚式を挙げてほしいと思っています。

ですので、式場を気に入ってくれているお客さんがいたら、「なんとかしてあげたい!」と思うものです。

「この式場のチャペルがキレイ!ここで結婚式挙げたい!」とか、

「試食が美味しかった!ここで挙げたらゲストも喜びそう!」とか、

その式場の気に入ったところをドンドン話しましょう。そうすれば、きっとウェディングプランナーの方が味方になってくれるはずです。

この方法でかなりの確率で見積もり金額は下がるはずです。

例えば、

  • 単純に〇〇万円引き
  • スナップショットやムービー制作などの特定のサービスが無料
  • 演出を1つプレゼント

などの割引があります。

なお、割引いてくれる代わりに、「参加者50人以上」などの制約がつく場合が多いので、注意しましょう。

私は結婚式場を5件ほど見に行って、このやり方を試してみましたが、50万円ほど値引いてくれたところもありました。

ただ、値引き額は会場によります。特に人気のある会場ですと、なかなか値引いてくれませんね。

持ち込み交渉をする

値引き交渉が終わったところで、さあ契約・・・とはいきません。

もうひと頑張りしましょう。

最後にする交渉は、持ち込み交渉です。

そもそも、式場の商品ってメチャメチャ高いんですよね。

その筆頭はウェディングドレスです。

大手の会場だと、ちょっと豪華な奴を選ぶと平気で80万円とかしますからね。

でも、持ち込みで用意すると10万円も出せばかなりいい感じのドレスを選べますよ。

あと、式場のカメラマンも高いですね。

持ち込みだと10万も出せば撮影からフォトブック作成・ムービー編集全部込みでやってくれますが、式場だと3~40万円することもザラです。

結婚式場はこんな感じでお金を取っているので、ドレスやカメラマンの持ち込みがオフィシャルには不可なところが多いです。

ですが、契約前に交渉することで、本来持ち込み不可のものを特別に持ち込み可にしてくれる場合があります。

無条件で認めてくれることもありますが、条件付きで持ち込み可になる場合もあります。

条件は、例えば

  • ドレスは1着は会場のものを借り、2着目以降は持ち込み可
  • カメラマンは持ち込みOKだが、ゲストの一人として扱うこと(料理・飲み物代を払う)

みたいな感じです。

持ち込み交渉は、ドレス、カメラマン、引き出物の最低3つはするべきです。

装花も式場のものはとても割高なんですが、経験上装花の持ち込みを認めてくれる会場はあまりありませんでした。

また、ケーキなどの食べ物の持ち込みも衛生上の管理ができなくなるので断られる場合が多いでしょう。

まとめ

今回は結婚式の節約法についてお話しました。

ポイントは、

  • 契約前に値引き交渉をすること
  • 持ち込みの交渉をすること

の2点です。

結婚は人生で最も大きなイベントの一つです。

だからこそ、しっかり交渉をして、満足のいく結婚式を挙げましょう。