クレジットカードをリボ払いすると最悪家計破綻につながります

クレジットカードを使う上で、絶対にやってはいけないことが一つあります。

そうです。リボ払いです。

リボ払いは毎月同じ金額を支払えばいいんで、一見家計管理しやすく見えますよね。

家計管理が苦手な人ほど、リボ払いを使う傾向があるんじゃないでしょうか。

ですが、リボ払いは本当に恐ろしいものなんです。

なにが恐ろしいって、パッと見その危険性がわかりにくいところなんですね。

「リボ払いのせいで家計がちょっと苦しくなってきたかなあ」くらいに思ってても、債務総額を調べると実は自己破産待った無しだった!!なんてこともあり得るんです。

今回は、なぜリボ払いがそんなに危険なのかについてお話します。

そもそもリボ払いってなに?

毎月の支払額を一定にできるクレジットカードの支払い方法です。

支払額が一定になる代わりに、返済期間が長くなるのが特徴です。

例えば、支払残高が5万円でも10万円でも、毎月の支払額は5000円で同じなんです。

で、残高10万の方が残高5万の場合より支払期間が長くなるんですね。

また、毎月の支払金額に応じて利用枠が異なるのも特徴です。

例えば、毎月支払額が5000円の場合は最大10万円までしか買い物できなくても、毎月3万円の支払いにすると、買い物枠は50万円まで増えたりします。

リボ払いは月々の支払いが基本的に変わらないので、一見家計管理しやすいクレジットカードの支払方法に見えますね。

ですが、実際は正反対で、家計管理的で一番やってはいけないのがリボ払いなんです。

なんでリボ払いしちゃいけないの?

金利がすごく高い

リボ払いをしてはいけない理由の一つ目は、金利がものすごく高いことです。

だいたいのクレジットカードで、年間15%程度の金利を取られてしまいます。

住宅ローンが優遇金利で1%を切り、自動車ローンでも3%程度なので、15%の金利は際立ちますね。

実際、15%ってのは消費者金融の上限金利が18%に近い金利ですからね。

むしろリボ払いは借金って考えた方がいいですね。

消費者金融は絶対手を出しちゃダメ!!っていうイメージを持ってる方も多いと思いますが、リボ払いにはそんなイメージないんじゃないでしょうか。

でも、金利を考えるとどっちも大差ないんですよね。

月々の支払いが一定である代償として、リボ払いではこれほど大きな金利を支払っていることを覚えておきましょう。

ローンの総額を意識しにくい

リボ払いは、月々の支払いが変わらないので、ローンの総額がいくらになっているかを忘れがちです。

ですので、意識してローン残高を把握しておかないと、いつの間にか支出が増えていき、支払残高がどんどん積み上がっていってしまいます。

最悪の場合、数十万円も残高が積みあがっていって、上限金額に達して初めて気づくなんてこともあり得ます。

リボ払いは支払額が増えずに買い物が出来てしまうので、金銭感覚が崩壊しやすいお金の使い方と言えるでしょう。

ローンがなかなか減らない

リボ払いのメリットは月々の支払が一定な点だと思っている方も多いと思います。

ですが、これは間違いです。

月々の支払いが一定だというのは、実は最大のデメリットなんです。

なぜなら、支払期間がどんどん長くなってしまうからです。

ここで忘れてはいけないのが、リボ払いの金利がメチャメチャ高いことです。

つまり、高い金利の支払いが長い期間続いちゃうんですね。

なので、金利支払いがとても大きな金額になるんです。

さらに悪い事態を考えると、いつまでたっても支払残高が減らない場合があるんです。

例えば、Aさんには月々1万5千円のリボ払いで50万円の残高があるとします。

Aさんは長年のリボ払いの習慣が抜けず、月々1万5000円を支払いながら、毎月1万円ずつ新たにリボ払いで買い物をしています。

この時、Aさんは毎月5000円ずつ借金を返済しているつもりなんですが、実際は借金は減らないんです。

Aさんのリボ払いの支払額は、1年間で1万5千円×12 = 18万円ですね。

で、利息の支払いが50万円×15%=7万5千円です。

つまり、Aさんは年間18万円もリボ払いの返済をしているのに、残高は10万5千円しか減らないんですね。

さらに問題なのは、Aさんが毎月1万円ずつリボ払いを新たに使ってることなんですよね。

これが年間12万円。つまり、月々の支払いで年間10万5000円返済しながら、新たに12万円リボ払いを使っているんですね。

なので、差し引き年間1万5千円ずつ支払残高が増えていっちゃうんです。

…このままだとAさんは、いつまで経ってもリボ払い残高を返済できないんです。

 複数のカードに手を付けだすと家計破綻の黄色信号

リボ払いは使い過ぎを防止するために、大抵上限金額が設定されています。

例えば70万円とか100万円とかに設定されており、それ以上の金額は使えないようになっています。

しかし、仮に上限金額に達しても、別のクレジットカードを使えば、実質的にいくらでもリボ払いできてしまいます。

このような方法に手を付けだすと、家計破綻に黄色信号が灯ってしまいます。

例えば、リボ払いを繰り返し、どんどん支払残高が増えていってしまったBさんの家計を見てみましょう。

Bさんは、現在4枚のクレジットカードを持っています。それぞれリボ払いの支払残高は50万円で、月々2万円の支払いをしています。

つまり、4枚のカード合計で、Bさんの借金の総額は200万円、月々の返済は8万円もあります。

8万円を毎月返済しながら、月々の家計支出を黒字にするのはとても大変ですよね。

どうしても家計が回らないBさんは、今月の収支が5万円の赤字になってしまいました。

仕方がないので、この5万円の赤字を、5枚目のクレジットカードのリボ払いで埋め合わせています。

…もうすでに、Bさんの家計が破綻しているのが分かると思います。

毎月5万円のペースでリボ払いの残高が増えているので、10か月後には5枚目のクレジットカードの支払い残高も50万円になり、月々のリボ払いも10万円に膨らんでしまいます。

借金が雪だるま式に増えていく、ってやつですね。

このような状況に陥ってしまうと、もう自己破産しか方法はないでしょう。

まとめ

今回は、クレジットカードでのリボ払いの危険性についてお話ししました。

毎月返済額が同じで家計管理がしやすいからという理由で、安易にリボ払いを始めると、いつのまにか借金の総額が膨れ上がってしまい、返済できなくなってしまいます。

リボ払いはそのリスクをしっかり認識し、極力 (というか絶対に)使わないのがよいでしょう。