オススメ記事 共働き

共働きの老後資金はいくら必要?年金はいくらもらえる?

更新日:

みなさんは老後までに必要な貯金額がいくらか知っていますか?

恐らくこの質問をすると、結構な割合で「3000万円」って答えが返ってくると思います。

「老後までに3000万円の貯金が必要」って言葉、本当によく聞きますよね。

マネー系の雑誌やWeb記事では、なんかもうキャッチフレーズみたいに使われてますからね。

「老後資金は3000万」っていうのは完全に定着しちゃってますよね。

 

ですが、この「3000」万っていう数字、大雑把な試算だと思いません?

だって、世の中には年金が多い人や少ない人、お金使いが荒い人、共働きか片働きかなど、いろんな人がいるんです。

そのすべての人みんなが「老後に必要な貯金は3000万円」なわけはないですよね?

 

そこで今回は、平均的な共働き家庭が老後までにいくら貯金が必要なのかについて考えてみたいと思います。

平均的な共働き家庭がもらえる年金・退職金

まず、平均的な共働き家庭の年金と退職金を計算してみましょう。

ここでは、以下のような夫婦を想定して、試算を行います。

  • 夫、妻ともに厚生年金に加入
  • 夫と妻の学歴は大卒
  • 夫、妻ともに定年退職し、再雇用後に65歳で完全にリタイア
  • 60歳時点の退職金と65歳からの年金額を試算

それでは、夫婦の年金を試算してみましょう。

厚生労働省の平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況によると、

  • 65歳以上の男性の平均年金月額は178,928円
  • 65歳以上の女性の平均年金月額は109,180円

になります。

つまり、平均的な共働き世帯では、夫婦合わせて約29万円を年金としてもらえるということになりますね。

 

次に、共働き世帯の退職金を試算してみましょう。

退職金は、厚生労働省の退職給付(一時金・年金)の支給実態によると、大学卒の定年退職の場合で2,280万円になるようです。

残念ながら男女別の退職金額が載っていなかったので、正確な試算はできませんが、夫婦二人合わせて平均額の1.8倍もらえるというメチャメチャざっくりとした試算をおこなうと、共働き世帯の年金額は約4,100万円になります。

…結構もらえるものなんですね。

 

最後に、年金と退職金総額でいくらもらえるのかを試算してみましょう。

簡単のため、ここでは夫婦ともに65歳から年金をもらい、25年後の90歳で亡くなる場合を考えてみましょう。

このケースでは、もらえる構成年金額は 29万 × 12か月 × 25年 = 8,700万円 になります。

これに退職金4,100万円を加えると、総額で1億2800万円になります。

かなり大きな金額ですね。

しかも2/3は厚生年金ですからね。

日本の年金制度って本当にありがたいです。

老後ってどのくらいお金がかかるの?

次に、老後にいくらお金がかかるのかを試算しましょう。

総務省の2016年度家計調査報告(家計収支編)によると、65歳以上の二人世帯の家計支出は、月249,063円です。

 

一方、生命保険文化センターの生活保障に関する調査では、ゆとりある老後には月34.9万円が必要であると言われています。

正直、これは個人年金保険を買わせるために作ったデータに見えないこともないんですが、とりあえずこちらの金額も考慮してみましょう。

今回は月25万円の平均的な老後支出と、月35万円のゆとりある老後支出の両方で必要貯金額を算出します。

老後までにいくら貯金が必要?

それでは、実際に老後までにいくらのお金を貯める必要があるのかを見ていきましょう。

老後の生活費が平均的な場合…貯金必要なし!!

老後の生活費が平均的な月25万円を想定する場合、定年までに貯めておくべきお金は0円です。

これは老後支出と年金額を比べれば明らかですよね。

老後支出が25万円なのに、年金は29万円もあるので、毎月4万円の黒字ですね。

つまり、老後に月25万円ずつ使って生活する場合はどんなに長生きをしても生活に困ることはありません

ゆとりある老後を送る場合…貯金必要なし!!

ゆとりある老後を送る場合は、 35万 × 12か月 ×25年 = 1億500万円が必要です。

ですが、共働きがもらえる退職金・年金の総額は1億2800万円なので、この場合も貯金をしておく必要はありません。

退職時に貯金がゼロだったとしても、ゆとりある生活を送りながら2300万円もお金が余るわけですね。

共働き家庭が貯金する意味とは?

このように、共働き家庭ではそもそも老後資金を貯める必要がありません。

年金と退職金で老後資金をまかなえてしまうからです。

それでは、共働き家庭が貯金をする意味とはなんでしょうか?

 

個人的には、例え老後資金が十分であったとしても、人生をより豊かにするために若いうちから貯金をすることはとても重要であると思っています。

例えば、貯金額が十分あれば、早期退職をすることも選択肢に上がりますよね。

例えば55歳で早期退職した場合は、65歳退職後でリタイアする場合に比べて、老後生活をさらに10年楽しむことができますよね。

また、精神的なゆとりも大きくなります。

現状の水準の年金がもらえることを前提に今回の試算を行いました。

しかし、今後は年金が減額される可能性もありますし、そもそも定年前に体を壊して働くのが難しくなってしまうこともありえます。

そんなときも、十分な貯蓄があれば、不安を感じることなく楽しく生活することができます。

貯金をすることのメリットに関しては、以前記事にしましたので、そちらも参考にしてください。

資産形成 (貯蓄)のモチベーション

 

そもそも、「将来や老後が不安だから」というネガティブな感情は、貯金のモチベーションとしてはあまりよいものではないと個人的には思っています。

「お金を貯めなければならない」という義務感や焦燥感が出てきてしまうので、楽しく貯金をすることができないですよね。

そうではなくて、「今のうちに貯金をしておけば将来豊かになる」といったポジティブな感情をモチベーションにした方が、貯金を楽しめると思いませんか?

まとめ

今回お話したように、そもそも共働き家庭では貯金がなくても老後資金に困ることはないでしょう。

しかし、だからといって共働き家庭は貯金をしなくていいわけではありません。

貯金をすることにはたくさんのメリットがあります。

「老後が不安だから」というネガティブな感情ではなく、「今後の人生をより豊かに」というポジティブな感情で、貯金生活を楽しみましょう。

-オススメ記事, 共働き
-,

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.