節約

貯金ができない!不安なときに絶対してはいけない5つのNG行動

投稿日:

お金に関する不安が募ると、ついつい目の前のことから節約を始めてしまうものです。

お金を貯めなきゃ!まずは節水!

とか、

電気代がもったいない!テレビを消そう!エアコンもできるだけつけない!

といった行動を取ってしまっていませんか?

 

残念ながら、こういった行動をとっても、お金が貯まるようにはなりません。

なぜなら、これらはとても微々たる節約だからです。

 

上手にお金を貯めるには、節約のコスパを意識することが必要です。

目の前のムダを節約するのではなく、効果の大きいものから節約を始めるのが貯金のコツです。

よくある節約NG行動5選

それでは、コスパの悪いNG節約法について見ていきましょう。

もしかしたら、あなたも効率の悪い節約努力をしているかも!?

節水を心がけて食器を洗う

そもそも、水道代って大してお金がかからないんですよね。

月々2~3000円程度じゃないでしょうか。

家計に占める割合が小さい水道代を貯金目的で節約するのは、残念ながら無駄な努力と言っていいでしょう。

(環境保護を目的に節水をしているんであれば、是非続けて下さいね。)

 

もっと言うと、水道代に占める皿洗いの割合なんて大したことないんですよね。

東京都水道局の平成27年度一般家庭水使用目的別実態調査によると、

水の使用量って、半分近くをお風呂が占めてて、炊事に使う水って18パーセントしかないんです。

月の水道代が2000円とすると、炊事に使う水の料金ってたったの360円なんですね。

めっちゃ頑張って皿洗いの水の量を25%減らしたとしても、一ヶ月で100円の節約にもならないんです。

一日あたりたった3円ですよ?

たった3円のために、蛇口を節水のものに替えたり、洗い桶を使ったりするのってバカらしくないですか?

風呂の水を洗濯に使う

お風呂の水を洗濯に再利用するのも良くある節約法ですね。

皿洗いの節水よりは多少マシですが、これもほとんど節約効果がないです。

洗濯に使う水は、生活用水全体の15%です。

すべての選択用水をお風呂から再利用したとしても、2000円×15%=300円です。

毎日洗濯するとしても、一回の選択当たりたった10円の節約にしかなりません。

 

これも効率悪いですよね。

ふつうに洗濯すれば、ボタン一つで全部やってくれるわけですからね。

風呂水ポンプを取り出して、お風呂の水を洗濯機に移して、ポンプをふいて片付けて。

これだけやって、たった10円なわけです。

 

何度もしつこいようですが、節水自体を否定しているわけではありません。

水は大切な資源なので、大事に使いましょう。

環境のために水を大事に使うことは、とてもすばらしいことです。

ここで言いたいのは、節水ではお金をためる効果はほとんどない、っていうことです。

照明をこまめに消す

これもほとんど効果がないです。

例えば、60Wの照明の場合の電気代は、

一時間当たりの電気代 = 60÷1000×26円 = 約1.6円

照明をこまめに消して、毎日1時間分の電気を節約できたとしても、一か月あたり48円にしかなりません。

テレビをこまめに消す

実際に電気代を計算してみると、いかに効果の薄い節約法かがよくわかります。

 

それでは、こちらの4Kテレビの場合を例に、電気代を計算してみましょう。


ソニー KJ-43X7500F BRAVIA(ブラビア) 4K液晶テレビ 43V型 HDR対応

このテレビの消費電力は132Wですので、電気料金を26円/KWh (Looopでんきの東京地域料金)とすると、

一時間当たりの電気代 = 132÷1000×26円 = 約3.4円

毎日テレビを1時間我慢しても、一ヶ月でたったの102円の節約にしかなりません。

エアコンをつけない

暑いときはエアコンをつけましょう!

貯金はツラい思いをしてするものではありません。

熱中症になんてなったら大変ですからね。

ちゃんとエアコンをつけて、快適に節約生活を楽しみましょう。

 

実際、エアコンをつけてもそこまで電気代は変わりません。

ウチはエアコン一つの1LDKなんですが、夏場は24時間エアコンをつけっぱなしにします。

それでも今年7月の電気代は9,500円でした。

ちなみに、温度設定は27度で、快適な温度ですよ(僕にはちょっと寒いくらいです)。

普段の電気代が7000円くらいなので、エアコンの電気代は2,000円ちょっとですね。

月一万も二万も変わるわけではないので、夏場くらいはエアコンをつけましょう。

貯金効果の高い節約にピンポイントに取り組もう

いかがでしょうか。

目の前の節約を頑張っても、大してお金がたまらない!!

って思っていただけたら幸いです。

節約をするうえでは、「ちりも積もれば山となる」という考えはダメです。

節約をするにもコスト (我慢だったり、面倒な作業だったり)が多かれ少なかれ存在します。

ですので、ちりを集めようとすると、節約疲れをしてしまうんですね。

 

節約のコツは、大きな山を一気に取り除いてしまうことです。

こうすれば、少ない労力で大きな節約効果を得ることができます。

 

そんなこと言っても、何から節約すればいいか分からないから困ってるんじゃないか!

って人も多いでしょう。

効果の高い節約法については、別記事にまとめましたので、参考にしてください。

貯金効果の高い節約ランキング|結局何から始めればいいの?

世の中には、たくさんの節約法があふれていますよね。 光熱費の抑え方から保険の見直し、食費の節約まで、本当にたくさんの節約法があります。   でも、こんな疑問を持っている方も多いんじゃないでし ...

続きを見る

例えば、保険の節約格安スマホなどは、かなり節約効果が大きいです。

保険の節約は年間30万円、格安スマホは年間20万円も節約できる場合があります。

まとめ

今回は、貯金がなくて不安な時に絶対やってはいけないNG節約法についてお話しました。

お金がなくて不安が募ると、ついつい目の前の些細なムダが目に付いてしまうものです。

気持ちはとてもよく分かりますが、こういった節約はたいして貯金効果がありません。

効果の高い節約のみに注力して、楽してお金を貯めるように気を付けましょう。

 

-節約

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.