節約したいなら小遣いは減らすな!

節約をする上で、絶対にやってはいけないことがひとつあります。それは、

むやみに小遣いを減らすこと

です。

節約を考えた時に、多くの家庭がまず目を向けるのが、夫婦の小遣いです。

パートナーの小遣いの使い方というのは、とても目につきやすいのです。

夫婦であっても、ほとんどのケースでお金の価値観が違うからです。

ゲームをしたことがない妻にとって、夫が遊ぶ高額なPS4やゲームソフトは、お金と時間の無駄遣いにしか見えません。

ファッションに興味がない夫にとっては、妻が買うブランド物のバッグなんかは無駄遣いにしか見えないでしょう。

夫婦お互いに相手のお金の使い方に不満があるケースは多いんじゃないでしょうか。

ですので、節約を始めようと思った人の多くが、まず小遣いを減らそうとする心理はとても自然なことのように思われます。

ですが、それは絶対やってはいけません。

以下では、これらのデメリットについて説明します。

少なすぎる小遣いのデメリット

生活の満足度が下がる

小遣いが必要以上に少ないと、日々の生活に息苦しさがうまれ、ゆとりある楽しい生活が実現できません。

例えば、以下のAさん夫婦とBさん夫婦の家計を見比べてみましょう。

Aさんは立派な家に住み、外車を乗り回すけどその分小遣いが少ない家計です。

一方Bさんはコンパクトな家に住み、車を持ってないけどその分小遣いが多い家計です。

Aさん、Bさんの支出の合計は同じです。

では、まずはAさんの支出の内訳をみてみましょう。

  • Aさんの家計
住居費 (ローン+諸費) 150,000円
食費   40,000円
日曜品     2,000円
車両費 (駐車場代含)   35,000円
光熱費・水道   15,000円
通信費   10,000円
保険     8,000円
夫小遣い   15,000円
妻小遣い   15,000円
支出合計 280,000円

  • Bさんの家計
住居費 (ローン+諸費) 125,000円
食費   40,000円
日曜品     2,000円
車両費 (駐車場代含)           0円
光熱費・水道   15,000円
通信費   10,000円
保険     8,000円
夫小遣い   45,000円
妻小遣い   45,000円
支出合計 280,000円

Aさん夫婦は、誰もがうらやむ素晴らしい家と車を持っているかもしれませんが、その分小遣いが15000円しかありません。

これでは、夫は同僚との飲み会も頻繁には行けません。趣味のゴルフを楽しむお金もありません。

妻はママ友とのランチの回数を減らし、おしゃれも我慢しなければいけません。

やりたいことができない生活を強いられています。

対して、Bさん夫妻は自慢できる家はなく、車もないので多少不便かもしれませんが、お小遣いがそれぞれ45,000円もあります。

恐らく、ほとんどの方がBさん夫婦の家計がゆとりがあると感じると思います。

これだけあれば、ある程度お金のかかる趣味を持つことができますし、人付き合いを渋る必要もありません。

さらに、車はありませんが、もし遠出をしたければそれぞれの小遣いからお金を出し合ってレンタカーを借りればいいんです。

Bさん夫妻は、Aさん夫妻よりもお金を使う自由度が高いんです。

お金を使う自由度が高いということは、それだけ生活にゆとりがあるということですね。

生活のダウンサイズが難しい

共働き生活を続けると、一時的に支出を抑えたい時が多くやってきます。

例えば、嫁が産休に入ったとき

一時的に収入が落ちますので、それに合わせて支出を減らしたくなります。

もしくは、子供を保育園に入れたとき

この場合は支出が一時的に増えるので、別の支出を節約する必要があります。

それでは、Aさん夫妻のケースを見てみましょう。

Aさん嫁が産休に入り、月収が5万円減少したとします。

Aさん夫妻はこの5万円の収入減を支出を削ることで対処したいと思いました。

・・・どこも削れないじゃん。

住居費はローンなので削れません。

車両費は車を売れば減らせますが、Aさん嫁の産休は一年だけです。いったん車を手放し、一年後に買いなおすなんてことをしたら、むしろ高くついてしまいます。

夫婦の小遣いは合わせて3万円なので、これを0にしてもあと2万円たりません。

食費その他からむりやり2万円をねん出しなければなりませんが、小遣い0でさらに生活費を減らすのは、かなりの負担になってしまいます。

Bさん夫妻のケースを考えてみましょう。

Bさん夫妻の小遣いは合わせて9万円。5万円の節約には一時的に小遣いを減らすのが効率的でしょう。

節約後のBさん夫妻の小遣いはそれぞれ2万円ずつ。

多少厳しい金額ですが、一年くらいであればなんとか我慢できるでしょう。

そもそも月2万円のこづかいは、産休前のAさんの小遣いよりも多いんですから。

まとめ

お小遣いは、家計の見直しで対象にされやすい項目です。

しかしながら、お小遣いを減らしすぎてしまうと、生活が貧しくなり、また突発的な収入減に対処しづらいという欠点があります。

ストレスなく節約生活を楽しむためにも、お小遣いは少し多めなくらいがちょうどいいのです。

(もちろん、常識的に多すぎる小遣いは、減らす対象にすべきですが。)