家計節約術

貯金スピードをアップさせるためには、ただ単に家計を管理するだけでなく、無駄な支出を減らすことがとても重要です。

「もうすでに切り詰めた生活してんだよ。これ以上家計を節約するとかムリ!!」

って思っている家庭でも、意外と無駄遣いってしてるものなんですね。

ただ、それに気づいていないんです。

 

家計の節約を始めるときって、目の前のものに意識が行きがちなんですよね。

例えば、普段実際に使っているもの。電気や水道とかですね。

自ら「消費」している感覚が強いので、ちょっと無駄遣いすると記憶に残りやすいんです。

「昨日は暑かったからエアコンをたくさん使っちゃった」とかですね。

で、「エアコン使うの控えよう」とか「節水シャワーにしよう」とか「電球をLEDに替えよう」とか、身の回りの節約をまず始めるご家庭が多いんじゃないでしょうか。

 

でも、本当に「身の回りの節約」から手を付けるのが正しい方法なんでしょうか。

miyaneはそう思いません。

普段意識していない支出にこそ、大きな無駄遣いがある場合が多いからです。

その典型が、保険や通信費です。

ちょっと不要な保険を外すだけで場合によっては月数万も支出を減らせますし、大手キャリアから格安スマホにするだけで通信費を月数千円減らすことができます。

何かを我慢したりとか、不便な思いをしたりせずに、です。

これって節約の効率がいいと思いませんか?

ですが、保険や通信費は、定額で毎月支出されるため、無駄遣いした意識は生まれにくいです。

このような、「いつの間にかお金がなくなっている」支出を減らすことこそが、最も優先順位が高いことなんです。

 

それでは、家計の節約のコツと具体的な家計節約術についてご紹介します。

家計節約のコツ

節約を意識している家庭も多いかと思いますが、節約の方向性が間違っていませんか?

節約には、良い節約と悪い節約があります。

良い節約とは、負担が少ない割に効果が大きい節約です。

反対に、悪い節約とは、負担が大きいわりに効果が小さい節約です。

どのような節約が良い節約で、どのような節約がダメなのか。

節約の基本的な考え方を理解するのが重要です。

それでは、節約のコツについて見ていきましょう。

無理な節約は禁物!

節約はコスパが大切

節約でやってはいけないこと

オススメ家計節約法一覧

家賃、保険、車費、教育費・・家計の支出って色々ありますよね。

家計の節約を考えたとき、どの支出を削るかはとても重要です。

支出には、節約しやすいものとそうでないものがあるからです。

 

この選択を誤ると、最悪節約生活が失敗してしまいます。

例えば、miyaneは水道・光熱費の節約はオススメしません。

なぜなら、生活の質が著しく下がるうえ、大した節約効果がないからです。

もし、水道・光熱費の節約に真っ先に取り組んでしまった場合、「節約はつらく苦しいもの」という印象をもってしまい、長く節約生活を続けることが困難になってしまうでしょう。

 

そこで、ここではmiyaneが考える節約の優先順位と、具体的な節約方法を紹介したいと思います。

支出 優先順位 理由 詳細情報
保険 ・多くの家庭が保険に入りすぎ

・節約は契約を見直すだけ

・月数万円の節約になる場合も

保険の節約術
通信費 ・ほぼデメリットなく節約可能

・月1~2万円の節約の場合も

通信費の節約術
住居費 ・節約効果が大きい

・多少の我慢が必要

住居費の節約術
食費 ・節約効果はそこそこ

・多少の我慢が必要

食費の節約術
水道・

光熱費

・ほとんど節約効果がない

・労力が大きい

水道・光熱費を節約すべきでない理由

家計節約のプチ情報

節約として大きな効果は望めませんが、ちょっとお得な節約プチ情報について紹介します。

交通費の節約

宿泊パックを使って帰省日を節約してみよう
通勤定期を無料で区間延長して交通費を節約しよう
通勤定期をお得に使う方法: 二区間定期にしてみよう

ライフイベントの節約

結婚式費用を節約するには: ハンコを押す前の交渉が肝

クレジットカードの利用で支出を節約しよう!

クレジットカードを賢く使って節約しよう

更新日:

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.