宝くじ

宝くじを買ってはいけない理由

更新日:

お金を増やしたい!!って思ったとき、みなさんはどのような方法を思い浮かべますか?

個人的には、まず株式投資が頭に浮かびます。他にも、不動産投資や国債なんて答えもあるかと思います。

一方、意外と多くの人が考えるのが「宝くじを買う」という選択肢ではないでしょうか。

 

宝くじ、ロマンがありますよね。たった300円の紙切れが、運がいいと6億円にもなるんですから。

なんと、倍率は約200万倍!!株式投資でこんなリターンを得るのはまず不可能ですよね。一発逆転、本当に夢があります。

 

ですが、夢は夢のままにしておくのが無難です。個人的には宝くじはオススメしません。

特に、お金がない人は絶対に買ってはダメです。

オススメできるのは、生粋のギャンブラーで、宝くじのドキドキを楽しみたい人だけですね。個人時にも、宝くじを買うことは一生ないでしょう。

宝くじを買うべきでない理由

宝くじを買うべきじゃない理由ってとってもシンプルなんです。

宝くじが当たらなければお金を損しますし、もし運悪く当たってしまったら、人生を損します。

当たろうが当たらなかろうが何かを損するので、やめといた方がイイって論法です。

買えば買うほどお金を損する

そもそも、宝くじって儲かるのか?って話です。

基本的には儲かりません。宝くじって買えば買うほど損をするからです。

コレって当たり前の話なんですよね。

宝くじの販売元 (みずほ銀行)が、必ずの利益を上げているからです。

 

具体的な数字を見て考えてみましょう。

2016年度の宝くじの売り上げは約8400億円でした。つまり、一口300円の宝くじを28億本!!売ったことになります。

で、還元率は50%程度なので、売り上げの8400億円のうち4200億円をみずほ銀行が利益として受け取り、残りの4200億円を宝くじの当選金にしています。

・・・みずほ銀行はボロ儲けですね。もちろん、受け取った4200億円のうち経費などが引かれるので、それがそのままみずほ銀行のふところに入るわけではないです。が、それでもとんでもない金額ですね。

 

宝くじは愚者の税金ってよく言ったものですね。自分が得しようと思って、結局みずほ銀行にお金をプレゼントしているだけってことですからね。

貯金が少ない人は特に、みずほ銀行にお金をプレゼントしている場合じゃないです。そのお金は、宝くじなんか買わずに、大切にとっておきましょう。

仮に当たったら人生の楽しみを失う

「いやいや、一等が当たれば6億円もらえるんでしょ?全員が損するわけじゃないじゃん」って思う方もいると思います。

確かにそうです。ごく一部の高額当選者は、大きなお金を手に入れます。

ただ、それが必ずしも幸せなことだとはかぎりません。

例えば、6億当たったと仮定して、その後どのような生活になるかを具体的に想像してみるとよく分かります。

 

宝くじの高額当選者は、その多くが仕事を辞めると言われています。

実際、これだけのお金を持ちながら仕事を続けるモチベーションを保つのは極めて難しいですよね。

例えば、当選した6億円を3%の配当金がもらえる株式に投資してみましょう。すると、年間何もしなくても1800万円もらえちゃうんです!!

こんな状況になってしまったら、毎日毎日一生懸命働いて数百万円を稼ぐのが馬鹿らしくなっちゃいますよね。

 

でも、仕事を辞めるって選択は、家族も自分も不幸にしてしまう場合が多いと思うんですよね。

だって、毎日毎日仕事に行かず、お金があるからといって家でゴロゴロしている父親を見て、子供が育つんですよ?絶対にこの子将来仕事に就けなくなりますよ

「仕事しないで楽に生活したい~パパみたいに!!」って絶対なりますって。つまり、子供の将来を奪うことになるんですよ。

そもそも、自分自身だって「将来大人になって立派に仕事をするんだ!」って気持ちで子供のころから20何年も勉強してきたじゃないですか。宝くじを買って仕事を続けられなくなるのって、今まで頑張って勉強してきたことがすべて無駄になるってことですよね?

 

確かに仕事ってつらいものかもしれませんが、でも仕事があるからこそ人生が楽しくなるって面もあると思うんですよ。例えば、定年退職をして仕事に行かなくなった人の多くが虚無感を感じるらしいんですね。仕事を失くして初めてその大切さに気付くってことですね。

仕事は人生の一部です。それを奪ってしまう宝くじは、やはり買うべきではないでしょう。

 

また、そもそも宝くじの高額当選者の約7割が当選後に破産すると言われています。

つまり、金銭的な面からも、当選すると多くの場合で不幸になるってことです。

お金が欲しいと思って宝くじを買って、運よく (運悪く)当選して、それが理由で破産するなんて、本末転倒ですよね。

まとめ

今回は宝くじについてお話ししました。

宝くじは手っ取り早くお金持ちになれる方法のように思えますが、実はそうではありません。

ほとんどの人は宝くじを買うことで損をするので、宝くじはむしろ貧乏人になる近道です。

また、運悪く高額当選した場合も、それがもとで人生の楽しみを失ってしまうリスクがあります。

宝くじなんて買わずに、地道に資産形成を続けるのが最善の方法だと思います。

-宝くじ
-,

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.