個別株とETFのメリットデメリットまとめ

今回は、ETFと個別株投資のメリットデメリットについてお話します。

株式投資と言えば個別株をイメージする人も多いんじゃないでしょうか。

ですが、ETFにも個別株投資にはないメリットがあるんです。

ETFと個別株投資のメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った投資法を見つけましょう。

個別株とかETFってそもそも何?

個別株投資とは、その名の通り、個別に株式を買うことです。

例えば、トヨタ自動車100株、ソフトバンク100株…といった具合ですね。

一般に株式投資といえば、このような買い方をイメージする人が多いんじゃないでしょうか。

一方、ETFとはどんな投資なんでしょうか。

ETFは上場投資信託の略です。日興アセットマネジメントのHPより引用すると、

ETFとは、特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託

のことです。

多分意味わかんないと思うんで、かいつまんで説明します。

株価指数って聞いたことありますか?日経平均とかTOPIXとかいうアレです。

ざっくり言ってしまうと、この株価指数そのものに投資できるのがETFです。

たとえば日経平均って、一部上場225社の平均株価なんですね(正確には単純平均ではないんですが。)

なので、225社全てに一定割合ずつ投資すれば、日経平均と同じ値動きをしますよね?

このように、日経平均とかの株価指数に連動する投資信託を作って、それに株式投資出来るのがETFです。

ETFは、基本的には投資信託のインデックスファンドと同じものです。

ただ、上場している分個別株に投資するような感覚で投資できる点が通常の投資信託と違います。

ですので、利便性はETFの方が高いと言えるでしょう。

また、信託報酬もETFの方が一般に低く設定されています。

個別株のメリット

自分で投資先を選べる

個別株のメリットとして、どの企業の株を買うかを自分で選べる点が挙げられます。

例えば、トヨタが好きだからトヨタ株を買って…というような運用ができるわけです。

反対に、××という会社は嫌いだから、××の株は絶対買わない!!ってこともできます。

一方、ETFでは、予め決められた比率で株を買うことになるので、自分で銘柄を選ぶことができません。

つまり、投資の自由度が高いという点が、個別株投資のメリットだと言えるでしょう。

運用コストが低い

個別株投資の2つめのメリットは、信託報酬 (運用時の手数料)がかからないことです。

個別株投資では、どの銘柄に投資するかの管理・リバランスを自分で行います。

ですので、一度株を買ってしまえば、売るまで手数料をとられることはありません。

一方、ETFは投資信託ですので、毎年信託報酬を取られます。

年間0.2%前後ですので、100万円投資している場合は毎年2000円を手数料として取られる計算になります。

そこまで大きな金額ではないですが、手数料は少ないに越したことはありませんね。

ETFのメリット

少ない予算でリスク分散ができる

ETFのメリットは、リスク分散が簡単にできることです。

例えば、30万円分のETFを買った時、それはTOPIXなり日経平均を買ったことと同じです。

ですので、もし仮に何らかの企業が倒産してしまったとしても、その影響は数十分の一から数百分の一です。

実際、日本航空が経営破たんした時も、日経平均は多少下がりはしたものの、爆下げしたわけではなかったですよね。

一方、30万円で一銘柄の個別株に投資した場合はどうでしょうか。

もしその企業が運悪く潰れてしまったら?30万円が0円になってしまいますよね。

このように、ETFを買えば、特に意識しなくても適切にリスク分散された投資をすることができます。

一方、個別株投資でリスク分散しようとすると、数十の銘柄に投資する必要があるため、最低数百万円のお金が必要です。(一般に、一銘柄の株式を買うのに2~30万円程度必要)

しかも、リバランスを自分で行う必要があるため、手間がかかるというデメリットもあります。

リスク分散に関しては、ETFの方が個別株投資よりかなり優れていると言えるでしょう。

決算書などを読んで下調べする必要がない

ETFは自分で銘柄を選べない反面、投資をするまでに必要な下調べが少ないというメリットがあります。

一方、個別株投資は自分で投資先を選べるという利点があるんですが、逆に考えるとどの銘柄に投資すべきか自己責任で判断する必要があるわけです。

例えば決算書や四季報を読んだりして、その銘柄に投資して問題ないことを確認したのち、投資をするのが個別株投資の一般的な流れでしょう。

だって、倒産の危険がある会社に投資しちゃったら自分の大切なお金を危険にさらすことになりますからね。

この「銘柄を選ぶ」という作業はなかなか大変なわけです。

しかも、外国株式に投資したいと思ったときは、ハードルがメチャメチャ上がります。

英語で100ページ以上もある決算書を読まなくちゃいけないわけですからね。

一方、ETFは既に適切にリスク分散された投資信託を買うだけですので、個別株に比べて簡単に投資できます。

特に外国株式を買う場合には、英語の決算書も読む必要がないわけで、ハードルはグンと下がります。

まとめ

今回は、個別株投資とETF投資のメリットとデメリットについてお話しました。

それぞれの特徴を理解して、自分にあった投資法を選びましょう。