オススメ記事

保険の節約は実は簡単!今すぐ見直しをして、上手に貯金しましょう

今月も家計が赤字…どうやったら家計管理がうまくの?

もし、あなたがこんな悩みをもっているんであれば、まずは保険を節約するのがオススメです。

水道に節水シャワーを付けたり、お風呂の水を洗濯に再利用したり、節約レシピを考えたり…あなたは、節約してお金を貯めるのは大変だと思っていませんか?

でも、保険の見直しは、面倒くさいことをほとんどしなくていい、ズボラな節約法なんです。

保険の節約は、一回見直せば節約効果がずっと続くからです。毎日毎日頑張らなくてもお金が自然と貯まっていくんです。

しかも、節約効果が高いんです!場合によっては、年間30万円も節約できます。

 

今回の記事は、

保険の見直しかぁ。でもなんか難しそう…

と思っている方に向けて書きました。

もし、あなたが「保険についてよく分からない」「保険を節約するのってなんか怖い」と思っているのであれば、ぜひ最後まで読み進めてください。家計を劇的に改善するヒントになるはずです。

 

それでは、保険の見直しでお金を節約するコツについてお話します。

まずは、家計の赤字改善に向けて、なぜ保険の見直しがオススメなのかについて見ていきましょう。

毎月の保険料は家計の大きな負担になっている

いきなりですが、質問があります。あなたは、自分が毎月いくら保険料を支払っているか、ご存知ですか?

もしかしたら、「いくら払っているかなんて知らない!」と思ったんではないでしょうか。

保険でどれだけのお金をムダ遣いしているかを知らない人って結構多いようですね。

 

生命保険文化センターによると、世帯当たりの年間払い込み保険料は、平均で38.5万円にもなります。

毎月3.2万円も保険料を支払っている計算になりますね。

手取り30万円の家庭なら、10%超も毎月保険にお金を取られているわけです。

毎月毎月、3万円が勝手に支払われる…とっても勿体ないですよね。

ぜひ一度、自分の保険料の支払い額を調べてみてください。

え?ウチってこんなに保険にお金払ってたの?

ってビックリするでしょう。

ポイント

  • 平均で毎月3万2000円も保険料を支払っている
  • 手取り月収30万円の場合は、1割超も保険料に消える

保険の見直しをすれば、ラクラク貯金が可能に!

確かに保険料は高いけど、必要なら仕方がないんじゃない?

もしかしたら、あなたはこう思うかもしれません。

ですが、それは違います。なぜなら、無駄に高い保険料を払っている場合があるからです。

例えば、

  • 入院しても貯金で十分支払いできるのに、医療保険に加入していたら…?
  • 死亡保障は1500万円で十分なのに、3000万円も保険金をかけていたら…?
  • 同じ保障でもっと安い保険があるのに、割高な保険に加入していたら…?

これらの保険料は全てムダですよね。

 

例えば、毎月の保険料を3万円から1万円まで減らすことができれば、年間24万円の節約になります。月5千円で済めば、年間30万円も節約できます。

保険の見直しは、節約効果がかなり高いわけです。

 

保険の見直しのいいところは、何も我慢することなく節約できることです。

保険を節約しても、全く生活レベルは変わらないですよね?

ストレスフリーで年間数十万円のお金が自動的に貯まるわけです。

ですので、「保険料がちょっと高いかな?」と思っている方は、積極的に保険の見直しを行いましょう!

ポイント

  • 保険は毎月支払うものなので、節約効果が大きい(月2万円保険料を下げれば年間24万円の節約)
  • 生活レベルを落とさずにお金が貯まる

保険について勉強するのはすごく大変!

保険の見直しがどれだけ家計改善に効果があるか、お分かりいただけましたでしょうか?

ただ、「これで話は終わり!あとは保険の見直し頑張ってね!」とはいかないんです。

なぜなら、保険について一から勉強するのはとても大変だからです。

 

特に、保険にあまり興味がない人はなおさらです。

興味のないことを勉強するのって、本当に苦行です。

保険の見直しのための勉強を始めると、すぐさまこんな疑問が頭に浮かんできます。

  • 生命保険の必要補償額ってどうやって計算するの?
  • 学資保険を検討してるけど、学費っていくらかかるの?
  • 医療保険の補償額ってどうやって決めるの?
  • 医療保険や生命保険の受取りって税金かかるんだっけ?
  • 保険で節税できるって聞いたけど、どうやるの?

…多分、分からないことだらけじゃないでしょうか。

保険の見直しをちゃんと行うには、さらに広い知識が必要になってきます。

ですので、「保険料を節約するために勉強しなくちゃ!」って思っても、ほとんどの人は途中で挫折しちゃうでしょう。

最初はやる気満々で保険の勉強を始めても、だんだん調べるのが面倒になってきて、途中で保険見直しを止めてしまうのがオチです。

昔保険の見直しを検討したことがあったけど、難しくて面倒くさくて、途中でやめちゃった

って経験、ありませんか?

オススメの保険節約法|無料保険相談を利用する

保険について勉強するのが難しい方は、節約をあきらめなければならないんでしょうか。

いえ、もちろんそんなことはありません。

実は、保険についての知識がゼロでも、保険を見直して節約できる素敵な方法があるんです。

 

それは、保険の無料相談サービスを使うことです。

保険の無料相談とは、プロのFPに保険について無料で相談できるサービスです。

なぜ保険の無料相談がオススメなのか?

理由はシンプルで、即座に保険の節約ができるからです。

これ、とても重要ですので、詳しく説明します。

 

例えば、自分で保険を勉強して、ムダな保険を解約するケースを考えましょう。

自分で一から勉強するのって時間がかかりますよね。

コツコツ勉強して、最終的にムダな保険を節約できたのが3か月後だったらどうでしょう?

毎月3万円の保険料を払っているのであれば、

保険について勉強している3か月間の保険料 = 9万円がもったいなくないですか?

保険の節約をするうえでの鉄則は、ムダな保険はすぐに解約することです。

当たり前ですが、保険は契約しているだけで支払いが発生するわけですからね。

しかも、保険を勉強していて、途中で挫折してしまった場合は、いつまでもムダな保険を払い続けてしまいます。

つまり、保険の勉強に3か月費やすのは、9万円のコストがかかるということです。

 

逆に言えば、知識ゼロでも保険をすぐに見直せるサービスがあれば、それには9万円分の価値があるという事です。

そのサービスこそが、保険の無料相談です。

無料保険相談を使えば、知識がなくても保険の節約ができます

無料保険相談のアドバイザーはプロのFPです。

保険について多くの知識を既に持っています。

彼らの知識を借りることで、自分に保険の知識が全くなくても、すぐに保険を節約できるわけです。

 

なぜ僕が保険の無料相談をオススメするのか、理解していただけましたでしょうか?

本来9万円分の価値があるサービスが、無料で受けられるからです。

こんなお得なサービス、受けないなんてもったいないと思いませんか?

どのサービスがオススメ?

保険相談の比較記事はコチラ

節約に最適な保険無料相談はコレだ♪

 

なお、「なんで9万円分の価値があるサービスを無料で提供できるのか」疑問に思う方もいることでしょう。

保険の無料相談のカラクリに関しては、こちらの記事をご覧ください。

保険無料相談のポイント

  • 保険無料相談を使えば、知識ゼロでも保険の節約ができる
  • ムダな保険料のスグにやめることができる(一月見直しが遅くなると、3万円損をする)
  • 無料でサービスを受けられる

 

<PR>

 

無料保険相談を上手く使うコツ

保険の相談がイイのは分かったけど、何から話せばいいの?

こんな不安を持っている方も多いでしょう。

 

そこで、無料保険相談のコツを2つ紹介したいと思います。

ポイント①:節約したい旨をはっきりと言う

一番大事なポイントです。

具体的な相談に移る前に、保険料を節約したい旨を明確にアドバイザーに伝えましょう

 

保険の無料相談を受ける人って、節約目的の人だけじゃないんです。

  • 将来が不安で、老後に備えるために保険に加入したい人
  • 万が一の時に残された家族のことが心配で、保険を厚くしたい人
  • 貯蓄・運用目的で保険を検討している人

他にも、色々な目的で保険相談を受けています。

アドバイザーからは、相談者が何を目的に保険相談を受けに来ているのかが分からないわけですね。

 

ですので、最初に

毎月の保険料が高いんじゃないかな…って思っていて、保険の節約をしたいと思うんです

とはっきりと伝えましょう。

そうすれば、アドバイザーもムダな保険を洗い出す方向でアドバイスをしてくれるので、相談の時間を効率的に使えます。

ポイント②:現在加入している保険を洗い出しておく

また、予め加入している保険を洗い出しておくことも重要です。

できれば、加入済み保険の保険証券のコピーを持参することが望ましいです。

 

保険証券があれば、

  • ライフプラン表や家計状況に基づき、必要のない保障を洗い出したり
  • 複数の保険間で重複している保障を、一つの安価な保険にまとめたり

できるからです。

いずれにせよ、今どのような保険に加入しており、どのような保障が受けられるかというのは、保険の節約をするうえで必須の情報です。

できるだけ正確に今の加入状況をアドバイザーに伝えて、的確なアドバイスを受けられるようにしましょう。

保険無料相談をうまく使うコツ

  • 「保険料を節約したい」と相談の最初に言う
  • 保険証券など、加入保険の内容が分かるものを用意する

2つのポイントを押さえれば、保険の節約がうまくいく

保険相談の2つのコツ、とっても簡単そうですよね。

「①節約したい旨をFPに伝えて、②加入済み保険について調べておく」だけでですからね。

 

でも、このほんのちょっとの手間がとっても重要なんです。

この2つのコツを抑えるだけで、↓こんな感じで、必ずや保険の節約が上手くいくことでしょう。

~以下、保険無料相談の例~~

夫の保険料が高いかなって思ってて…保険を節約したいんです。入りすぎなんじゃないかなって気がするんですが、保険ってよく分からなくて。

※ポイント①:保険を節約したい旨をはっきり言うことで、FPが節約相談モードに入ります。

わかりました。ムダな保険をガンガン削りましょう!それではまず、現在の保障内容について確認させてください。
FP
今は、定期付き終身保険と、医療保険、がん保険に入っています。大体毎月2.2万円程です。保険証券はコレです。

※ポイント②:保険証券をFPに見せることで、具体的な提案ができます。

なるほど。それでは、ライフプラン表を作ってみましょう。現在の収入や貯蓄額を教えてください。
FP

※FPに相談すると、ライフプラン表を作ってくれます。遠い未来のお金の状況がよく分かるので、とても便利ですよ!

(ライフプラン表を見ながら)まず、定期付き終身保険と医療保険の内容がかぶっているので、スリム化した方がいいですね。そもそも、貯金額も余裕があるようですので、医療保障は必要最低限、場合によってはなくしてもいいでしょう。
FP
うーん。ちょっと不安なので、医療保険も少しは保障が欲しいです。
分かりました。それでは、入院日額5,000円の一番シンプルな〇〇保険だけで十分だと思います。

次に、死亡保険について考えてみましょう。

FP
はい。
もし今、旦那様に不幸があった場合、約1,500万円のお金が不足してしまいます。今の終身保険の死亡保障は3,000万円ですので、保障額は過剰ですね。
FP
お子様が大きくなるにつれて必要補償額は少なくなりますので、いっそ定期付き終身保険を払い済みにして、不足分を収入保障保険で補った方が効率的ですね。
FP

※FPは保険のプロなので、専門知識をもとに、現在の保険加入状況を考慮して最適な提案をしてくれます。このケースでは、終身保険は「解約」より「払い済み」にした方が得であることをFPが試算してくれたわけです。

なるほど!
私からの提案はこのようになります。

  • △△収入保障保険 月払保険料 5,000円
  • 〇〇医療保険 月払保険料 2,000円

FP
毎月1万5千円ほど保険料がお安くなる計算になります。もしよろしければ、浮いた1.5万円を学資保険に充てて、お子様の学費に備えるということもできますが、いかがでしょうか?
FP

~~保険無料相談の例ここまで~~

 

どうでしょうか?

たった二つのコツを意識するだけで、スムーズに保険相談が進んでいるのが分かると思います。

また、このような保険の見直しを自分自身の知識でやろうとすると、とっても大変なのが想像できると思います。

まず、保険の種類や特徴、メリットデメリットについてしっかり理解しなければいけません。ライフプラン表を作る知識も必要ですし(これには物価上昇の知識も必要です)、最低限必要な補償額を試算し、その中で最も効率的な保険の種類や保険会社を探し当てる必要があります。

…考えただけで頭が痛くなってきましたね。

こんな専門的な作業は一朝一夕でできるものではないです。自分で一から勉強しようとすれば、あっという間に数か月がたっちゃいます。

 

でも、プロのFPに相談すれば、たった1~2時間で最適な保険を見つけてくれるんです。

今や、プロの力を借りて家計を節約する時代です!

どの無料保険相談サービスがオススメ?

でも、保険無料相談ってたくさんあって、どれがいいか分かんない!

と思っている方も多いでしょう。

数ある保険無料相談サービスの中で、僕がオススメするのは保険見直しラボです。

保険の節約ではFP (ファイナンシャルプランナー)の腕が一番重要ですが、保険見直しラボのFPの質が特に高いからです。

保険無料相談に派遣されるのは全て自社FP、平均業界年数12年のベテランであり、保険見直しラボのFPの腕には定評があります。

オススメの無料保険相談サービスについては、こちらの記事に詳しくまとめましたので、ご覧ください。

>>>保険料節約にオススメの保険無料相談サービスは?ランキング形式で発表!

保険の無料相談でストレスフリーな家計管理を!

保険の見直しは、自分の生活レベルを変えることなく、年間数十万円を節約できます。

今月も1万円の赤字…家計管理なんてもうしたくない…

と家計に悩んでいる方。

保険の無料相談をうまく活用すれば、来月には

今月は1万円の黒字♡家計管理が楽しい!

となっているかもしれません。

保険をうまく節約して、楽してお金を貯めてみませんか?

どのサービスがオススメ?

保険相談の比較記事はコチラ

節約に最適な保険無料相談はコレだ♪

 

<PR>

-オススメ記事
-, ,

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2019 All Rights Reserved.