クレジットカードを賢く使って節約しよう

クレジットカードと現金ってどっちがお金が貯まるの?

家計管理において、支払をクレジットカードでするのか現金でするのかって意外と悩みどころだと思います。

また、ファイナンシャルプランナーの家計管理コラムとかでも、ある人はクレジットカードの方がお得だと言い、またある人は現金の方がお金が貯まると言います。

結局どっちなんだ?って思いますよね。

miyaneは、特別な人 (すごい浪費家とか鉄の自制心を持つ人とか)を除いて、クレジットカードと現金をうまく使い分けることをオススメします。

こうすれば、家計の支出を増やすことなく、ポイントを稼ぐことができるからです。

クレジットカード派?現金派?結局どっちがいいの?

クレジットカードと現金ってどうやって使い分ければいいの?

クレジットカードと現金の使い分けってなかなかうまくいかないですよね。

ポイント狙いでクレジットカードばかりになっちゃ足り、無駄遣いが怖くて現金の支払いしかしなくなったり。

支出を増やさずにクレジットカードのポイントのみをお得に貯めるのは、意外と難しいんです。

管理人は、「支出が決まっているもの」はクレジットカードで、それ以外は現金で払うことをオススメします。

「支出がきまっているもの」は無駄遣いの危険性がないですからね。

クレジットカードで支払うべき支出とは?

クレジットカードで絶対支払ってはいけない支出ワースト3

クレジットカードをボーナス払いにすべきじゃない3つの理由

余談: クレジットカードってなんでポイントがもらえるの?

クレジットカードで物を買うと、支払額は現金のはずなのにポイントがつきますよね。

誰がポイントのお金を払ってくれてるの?

って疑問に思う方も多いと思います。

結論から言うと、「自分自身」なんです。

実はクレジットカードで支払ったとき、その代金の一部を店舗側がクレジットカード会社に手数料として支払っているんです。

これって実はとてもよくできたシステムなんです。

「囚人のジレンマ」というゲーム理論と合わせてクレジットカードのシステムを理解すると、クレジットカードの隠された一面が見えてきます。

クレジットカードのポイントが誰がくれるの?