オススメ記事

【保険の見直し】年間30万円を節約するコツとは?

更新日:

保険を節約したいけどどうしたらいいか分からない

今回は、こんな悩みを抱いている方に向けて、保険を節約するオススメの方法についてご紹介します。

結論を先に言いますと、保険を節約するには無料相談をうまく活用するのが一番効率がいいです。

保険の節約はとても効果的なんですが、自力でやると結構大変なんです。

自力で勉強して要らない保険を節約するのは、思ったより手間ですからね。

ですので、プロのFPの知識を借りるのが、一番手っ取り早く保険を節約できるんです。

 

でも、ただ何も考えずに保険について相談するだけじゃ、無駄な時間になってしまうかもしれません。

ポイントは、保険相談を「うまく活用すること」です。

今回は、保険の無料相談の活用法も含めて、保険を節約するコツについてお話します。

なぜ保険の見直しは節約効果が高いのか

自分が毎月いくら保険料を支払っているか、ご存知ですか?

生命保険文化センターによると、世帯当たりの年間払い込み保険料は、38.5万円にも上ります。

毎月3.2万円も保険料を支払っている計算になりますね。

ホントに?って思った方は、一度自分の保険料の支払い額を調べてみてください。

え?ウチってこんなに保険にお金払ってたの?

ってビックリする方も多いんじゃないでしょうか。

 

毎月払っている3万円の保険料を1万円まで減らすことができれば、年間24万円の節約になります。月5千円で済めば、年間30万円です。

ちなみに、miyane家は民間保険に加入していないので、フツーの家庭より年間38.5万円も節約できているわけです。

保険の見直しは、かなり節約効果が高いですよね。

 

保険の見直しのいいところは、何も我慢することなく節約できることです。

保険を節約しても、全く生活レベルは変わらないですよね?

ストレスフリーで年間数十万円のお金が自動的に貯まるわけです。

ですので、「保険料がちょっと高いかな?」と思っている方は、積極的に保険の見直しを行いましょう!

自力で保険を見直すのは効果大だが結構大変

保険を節約しようと思うと、多くの人が

よし!保険について調べてザクザク保険料を節約しよう!

と思うでしょう。

確かに、自分で勉強するのが最も保険料を節約できます。

勉強熱心で、保険に興味のある方にはとてもオススメの方法です。

実際、当サイトではそんな方々のために沢山の記事を書いてきました。

是非参考にして頂きたいです。

 

ですが、保険について一から勉強するのは結構大変なんですよね。

特に、保険にあまり興味がない人はなおさらです。

興味のないことを勉強するのって、本当に苦行なんですよね。

ですので、「保険料を節約するために勉強しなくちゃ!」って思っても、ほとんどの人は途中で挫折しちゃうんじゃないでしょうか。

最初はやる気満々で保険の勉強を始めても、だんだん調べるのが面倒になってきて、途中で保険見直しを止めてしまうのがオチです。

昔保険の見直しを検討したことがあったけど、難しくて面倒くさくて、途中でやめちゃった

って方も多いでしょう。

無料保険相談を使うメリット

保険を自分で勉強するのはメンドイ!って方には、保険の無料相談を使ってみることをオススメしています。

理由はシンプルで、手っ取り早く保険の節約ができるからです。

これ、とても重要なんです。

 

例えば、自分で保険を勉強して、ムダな保険を解約するケースを考えましょう。

自分で一から勉強するのって時間がかかりますよね。

コツコツ勉強して、最終的にムダな保険を節約できたのが3か月後だったらどうでしょう?

保険について勉強している3か月間の保険料 = 9万円がもったいなくないですか?

保険の節約をするうえでの鉄則は、ムダな保険はすぐに解約することです。

当たり前ですが、保険は契約しているだけで支払いが発生するわけですからね。

しかも、保険を勉強していて、途中で挫折してしまった場合は、いつまでもムダな保険を払い続けてしまいます。

 

一方、無料保険相談を使えば、知識がなくても保険の節約ができます

無料保険相談のアドバイザーはプロのFPです。

保険について多くの知識を既に持っているわけです。

彼らの知識を借りることで、自分に保険の知識が全くなくても、すぐに保険を節約できるのが最大のメリットですね。

保険を見直してラクラク貯金!

無料保険相談はコチラ

保険見直しラボなら特典商品プレゼント中♪

無料保険相談を上手く使うコツ

せっかく保険相談するのであれば、できるだけ効率的に保険の見直しを進めたいですよね。

また、

保険の相談って言っても、何から話せばいいの?

っていう疑問を持っている方もいるでしょう。

そこで、無料保険相談のコツを3つ紹介したいと思います。

ポイント①:節約したい旨をはっきりと言う

一番大事なポイントです。

具体的な相談に移る前に、保険料を節約したい旨を明確にアドバイザーに伝えましょう

 

保険の無料相談を受ける人って、節約目的の人だけじゃないんです。

  • 将来が不安で、老後に備えるために保険に加入したい人
  • 万が一の時に残された家族のことが心配で、保険を厚くしたい人
  • 貯蓄・運用目的で保険を検討している人

他にも、色々な目的で保険相談を受けています。

アドバイザーからは、相談者が何を目的に保険相談を受けに来ているのかが分からないわけですね。

 

ですので、最初に

毎月の保険料が高いんじゃないかな…って思っていて、保険の節約をしたいと思うんです

とはっきりと伝えましょう。

そうすれば、アドバイザーもムダな保険を洗い出す方向でアドバイスをしてくれるので、相談の時間を効率的に使えます。

ポイント②:現在加入している保険を洗い出しておく

また、予め加入している保険を洗い出しておくことも重要です。

できれば、加入済み保険の保険証券のコピーを持参することが望ましいです。

 

保険証券があれば、

  • ライフプラン表や家計状況に基づき、必要のない保障を洗い出したり
  • 複数の保険間で重複している保障を、一つの安価な保険にまとめたり

できるからです。

いずれにせよ、今どのような保険に加入しており、どのような保障が受けられるかというのは、保険の節約をするうえで必須の情報です。

できるだけ正確に今の加入状況をアドバイザーに伝えて、的確なアドバイスを受けられるようにしましょう。

ポイント③:相談の結果はアドバイスとして受け取る

最後に、相談の結果を再度自分で検討することも重要です。

保険の無料相談は、あくまで「相談」です。

アドバイザーから、

これとこれの保険は解約して、代わりにこの保険に入れば、〇〇円節約できますよ。

っていう具体的な内容を教えてもらえる場合もあるでしょう。

ですが、必ずしもアドバイザーの言う通りにする必要はないという事は覚えておきましょう。

 

というのも、アドバイザーは全ての保険商品を扱えるわけではないからです。

アドバイザーは、自分の扱える商品のなかから、相談者に最も合った保険を提示します。

ですが、もしかしたらアドバイザーが扱えない保険商品のなかには、もっとお得な保険があるかもしれないわけです。

ですので、保険相談の結果は、アドバイスの一つとして受け取るのがいいでしょう。

紹介された商品が本当にいいモノであれば、それに加入すればいいです。

ですが、もし紹介されたものよりもっといい商品が見つかれば、そちらに加入しましょう。

アドバイザーはプロのFPですが、必ずしも提案された商品がベストなものとは限らないということは頭の片隅に置いておきましょう。

保険の無料相談でストレスフリーな家計管理を!

保険の見直しは、自分の生活レベルを変えることなく、年間数十万円を節約できます。

今月も1万円の赤字…家計管理なんてもうしたくない…

と家計に悩んでいる方。

保険の無料相談をうまく活用すれば、来月には

今月は1万円の黒字♡家計管理が楽しい!

となっているかもしれません。

保険をうまく節約して、楽してお金を貯めてみませんか?

保険を見直してラクラク貯金!

無料保険相談はコチラ

保険見直しラボなら特典商品プレゼント中♪

-オススメ記事

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.