オススメ記事

格安スマホに乗り換えれば、年間20万円の節約になるんです

更新日:

通信費、意外と高いですよね。特にスマホを使ってると。

スマホ代って大手キャリアだと、一人当たり6000円くらいかかっちゃいますからね。家族4人だと24000円もします。

さらにネット代が4000円くらいかかると、合計で28000円。高いですよね。

しかもこれ、毎月かかりますからね。

年間30万円以上のお金が飛んでいくわけですからね。

 

でもですよ。いわゆる格安スマホを使えば、スマホ代は一人当たり1600円くらいまで減ります。

ネット代4000円を加えても、4人家族でたったの1万円ですね。

大手キャリア (docomoとか)を使った場合の2万8千円と比べると、4人家族で月々18000円程度も減ります。

一年間だと20万円も節約できるわけですね。

スマホを格安スマホに替えるだけで年間20万円も貯金が増えるわけです、

 

このように、通信費の見直しは、非常にコスパの高い節約です。

  • コスト: 格安スマホに替える手続きを行うだけ。替えたあとのデメリットは少ない。(格安スマホのデメリットについては後で詳しく説明します)
  • パフォーマンス:年間数十万円の節約

なので、格安スマホの検討を強くオススメします。

特に、docomo、auユーザーの方は、ほとんどの場合でスマホを替えることなく格安スマホに移行できるので、真剣に検討してみてはどうでしょうか。

そもそも、格安スマホって何?

格安スマホとは、docomoなどの大手携帯会社から通信回線を間借りしてデータ通信を行う格安simとsimフリースマホのセットのことです。

・・・これじゃあ意味不明ですよね。

このサイトはデジモノを詳しく解説するサイトではないので、メチャメチャざっくり説明します。

写真の右側にあるのがスマホの本体ですよね。

で、左側にある小さいカードがsimカードです。スマホの中に差さってます。

データ通信とか通話をするのに必要なカードですね。

ざっくり言うと、

このsimカードを格安simカードに差し替えれば、通信費が激安になる

ってわけです。

 

ちなみに、格安simっていっても、回線自体はほとんどの場合でdocomoです。(auの場合もある)

miyaneはDMMモバイルの格安simを使っていますが、実際に回線がどうなっているのか見てみましょう。

ね、docomoですよね。

つまり、格安simってのは、docomo回線を使ってるのに通信費が格安になるっていう、とってもお得なスマホなんですね。

回線がdocomoなので、「格安スマホにしたから電波がつながりにくくなった」なんてことはないんです。

 

まとめると、

  • simカードを格安simカードに変更することで、通信費が安くなる
  • 格安simの回線はdocomo (auの場合もある)

ってなります。

格安simのデメリットは?

もちろん、格安simにもデメリットはあります。

当たり前ですよね。デメリットもないのに通信費が安くなるわけはないですから。

格安simのデメリットを下にまとめましたが、デメリットとはいっても致命的なものはないんじゃないでしょうか。

キャリアメールアドレスが使えない

「~@docomo.ne.jp」、「~@ezweb.nejp」、「~@softbank.ne.jp」などのキャリアメールが使えません。

とはいっても、別にgmailを使えばいいと思うので、絶対にキャリアメールじゃなきゃイヤだ!!って人以外はそんなに気にしなくていいでしょう。

通信速度が若干遅くなる

格安simは、価格が安いだけあって、通信速度が若干遅くなると言われています。

ですが、miyaneの体感では、速度の違いは全く分からなかったです。

平日の昼間に動画をガンガン見る、とかいう人なら「遅くなったかな?」って思う人もいるかもしれませんが、普通にWebサイトを見るとかLINEするなどの使い方なら、ほとんど違いは分からないと思います。

格安simを使うためにスマホの設定が必要

格安スマホを使うには、simカードをスマホに挿入した後でスマホの設定を変更する必要があります。

とはいっても、別に難しいことではありません。

やり方は各社のHPで丁寧に解説されていますし、1分程度でできちゃいます。

ですので、特に問題になることはないと思います。

docomo、auやsoftbankのスマホよりほんの少し面倒くさい、程度のデメリットです。

格安simに対応していないスマホがある

確かに、今使っているスマホが格安simに対応していない可能性があります。

ざっくりとした目安は、以下の通りです。

  • docomoユーザーの方は、ほとんどの機種で格安simを使えます
  • auユーザーの方は、mineoであれば、ほとんどの機種で格安simを使えます
  • それ以外の方は、simロックフリーのスマホを使っていれば、格安simをつかえます

ですので、docomoもしくはauユーザーであれば、ほぼ問題ないでしょう。

(詳しくは、格安sim提供会社のリンク先で、端末が対応しているかを確認してください)

 

また、仮に今持ってるスマホが格安simに対応していなくても、スマホごと買い替えてしまえばいいんです

ほとんどの会社でスマホと格安simをセットで購入できます。

例えば、イオンモバイルですと、最安でスマホ本体が1万円程度で買えてしまいます。

トータルで考えたら、買い替えちゃった方が絶対にお得ですよね。

格安simの選び方

どのプランにすればいいの?

格安simにはデータ通信のみを行うデータ専用simと通話も行える音声通話simがあります。

今まで通りスマホを使いたいんであれば、音声通話simにする必要があります。

(データ専用simにして、Fusion IP-phoneなどのIP電話を利用するという手もないことはないんですが、miyaneはあまりオススメしないです。実際やってみたんですが、通話品質が低い上、0120などの無料通話にかけられないなど、不便でした。)

また、データ通信量は、現在のデータ使用状況から自分に合ったプランを選べばよいです。

ちなみに、miyaneはDMMモバイルの3GBのプランにしています。

特にデータ制限を気にすることなく使えています。

(miyaneはスマホで動画はほとんど見ないので、平均的な月々のデータ使用量は2GB程度です。)

格安simってたくさんあるけど、どの会社がオススメなの?

ぶっちゃけどこも大した違いはないです。

自分の端末が対応しているかが重要なので、対応している格安simを探して、そこにすればいいと思います。

強いて比較ポイントを挙げると、

  • 月額料金が安いか
  • 店頭サポートがあるか
  • 通話無料プランがあるか

の3点になります。

とにかく安い方がイイ!!って方は・・・

イオンモバイルがおススメです。

正直、格安スマホの価格はほとんど同じなんですが、1円でも安い方がいいという方も多いと思います。

格安スマホの醍醐味は値段の安さですからね。

データ通信量4GBの音声通話simの場合、月額1580円です。

店頭サポートがあったほうが安心!!って方は・・・

こちらもイオンモバイルがおススメです。

全国のイオン店舗で店頭サポートを行っていますので、「格安スマホに切り替えるのは少し不安かも・・・」って人には最適の選択ですね。

通話無料プランがなきゃイヤって方は・・・

楽天モバイルがオススメです。

楽天モバイルでは、「かけ放題」プランがあります。

何分話しても、何度電話しても月額定額です。

 

が、正直あまりオススメはしないです。

「かけ放題」オプションは月額2380円もするので、データ通信量3.1GBの音声通話simでは、総額で3980円になります。

正直、割高だと思います。

 

そもそも、スマホでそんなに電話かけるか?って話なんですよね。

家族や友達と会話する場合はLineで話せばいいですからね。

「かけ放題」が必要なのは、スマホを仕事に使っている人くらいではないでしょうか。

まとめ

通信費の見直しは、非常にコスパの高い節約法です。

格安スマホはメリットが大きいので、ぜひ検討してみてください。

楽天モバイル公式サイトはコチラ


イオンモバイル公式サイトはコチラ

 

 

-オススメ記事
-, ,

Copyright© 32歳で5000万円貯めた共働き貯金法 , 2018 All Rights Reserved.