大晦日のスーパーで激安で買い物する裏ワザ

そろそろ今年も終わりですね。

正月は家でゆっくりテレビでも見て、のんびり過ごしたいものですよね。

年末のうちに正月分の食材まで買いだめするご家庭も多いんじゃないでしょうか。

でも、大晦日直前くらいになると、一部のスーパーでは価格が値上がりしちゃうんですよね。

まあ、多くの家庭が正月に向けて食材を買い込みますからね。

多少値段を高くしてもみんな買わざるを得ないわけですから、お店側はここぞとばかりに当然値段を吊り上げますよね。

完全に足元見られてますね。

ですが、そんなスーパーの裏をかいて、年末に激安で買い物をする裏ワザがあるのを知ってますか?

ちょっとの手間を惜しまなければ、半額で買い物ができる場合もありますので、かなりお得な方法ですよ。

大晦日の閉店直前のスーパーに駆け込め!!

実は大晦日の閉店直前のスーパーは、大安売りをするんです。

大晦日はだいたい8時くらいに閉まるスーパーが多いと思いますが、閉店1~2時間くらい前から安売りがはじまります。

お店によっては、半額のシールとかもガンガン貼られていきますので、お買い得です。

実際、個人的にも一度だけ大晦日の安売り狙いでスーパーに行ったことがありますが、メチャメチャ安かったですね。

そしてとても混んでいたのが印象的でした。

大晦日の安売り狙いで閉店前にスーパーに来ている人って結構いるんですね。

普段見たことないくらい混んでましたからね。

「大晦日はみんな家でゆっくりするもの」なんて思ってましたが、必ずしもそうじゃないことを思い知らされました。

大晦日の安売りは結構激戦区なので、閉店二時間くらい前からいった方がいいかもしれません。

安売りシールが貼られるたびにガンガン品物がなくなっていく感じでしたから。

特に狙い目は、「年を明けると売れないもの」ですね。

筆頭は年越しそばです。

お店からしたら、絶対に大晦日中に売り切らないといけない商品ですからね。

そら必死で値下げしますよね。

あと、僕は買ったことありませんが、おせちも狙い目みたいです。(おせちは嫌いなんで買わないんです…)

ただ、おせちはもともとの値段が高いので、安売りシールを張られたら一瞬でなくなるらしいです。

早めにスーパーに行って待機しておいて、安売りシールが貼られるのを待つ必要があるかもしれませんね。

どんなスーパーが激安なの?

でも、どんなスーパーに行けば激安セールにありつけるんでしょうか。

当たり前ですが、あらかじめ「〇〇時から半額セールやります!!」なんて教えてくれるスーパーなんてないですよね。

場合によっては、セールを待ってたけど結局閉店までやらなかった!!なんてこともあり得ます。

残念ながら、セールをするかしないかはそのお店次第なので、一概にどのスーパーならセールをやるかをあらかじめ知るのは難しいです。

ですが、セールをする可能性の高いスーパーを見つける方法はあります。

それはズバリ「年始にお店が休みのスーパー」を狙えばいいんです。

そもそも、何でスーパーが大晦日に安売りするかというと、在庫処分をしたいからなんですよね。

例えば、賞味期限が1月2日のお肉が大晦日の夜に売れ残っているのに、正月は1月2日まで休みの場合はどうするでしょうか?

もちろん、死ぬ気で割引して売り切りますよね。

だって、大晦日のうちに売れ残ってしまったら、廃棄処分になっちゃいますからね。

例え1円でも売っちゃったほうが捨てるよりはお得ですからね。

しかも、「正月は2日まで休んじゃうので、少しでもお客さんにサービスしとかないと」っていう思いも働くかもしれませんよね。

ですので、正月にお休みをとるスーパーでは、大晦日で安売りをする可能性が高いです。

まとめ

今回は、大晦日にスーパーで安く買い物をする方法についてお話しました。

ゆっくりしたい大晦日の夜に外出する必要がありますが、かなり安く食材を手に入れられるチャンスです。

もし暇があったらチャレンジしてみてください。