銀行口座っていくつがベスト?オススメの銀行口座管理方法

みなさんは銀行口座をいくつ持っていますか?

メインバンク一つ!!って方もいれば、10口座くらいもってる!!なんて方もいるんじゃないでしょうか。

どの銀行口座でお金を管理すべきなの?銀行口座っていくつ持つのが一番いいの?

など、銀行口座の管理方法について疑問を持つ方も多いんじゃないでしょうか。

銀行口座の使い分けに関しては様々な意見があると思いますが、今回はmiyaneがオススメする方法についてご紹介します。

口座の数は3つが基本!!

口座は

  • 夫用
  • 妻用
  • 夫婦の貯金用

の3つを持つことをオススメします。

まずは当たり前ですが夫と妻の個人用の口座が必要です。

それぞれの小遣いを貯めたりする口座ですね。

「…小遣いなんて毎月使い切っちゃうから口座なんていらないし。」なんて思った方いませんよね?

自分の小遣いもちゃんと自分で管理して、大きな出費に備えてお金を貯めましょう。

ちょっと値の張るバッグやパソコンとか買いたくなったら、ちゃんと自分の小遣いを貯めて買いましょうね。

自分のお金は自分で管理する。貯金の基本ですね。

また、「専業主婦家庭だから小遣いも自分の口座もないよ」って家庭も、妻の小遣いを設定して妻口座を持つことをオススメします。

妻の小遣いと家庭のお金はちゃんと分けて管理したほうが、お金が貯まりやすいからです。

妻口座と夫口座は頻繁にお金を下す口座になるので、店舗がたくさんあるメガバンクの口座が便利でしょう。

次に、夫婦の貯金用の口座を持ちましょう。

これは貯金用の口座です。

基本的には、給料から月々の生活費、小遣いを除いたお金を振り込みましょう。

基本的にはお金をおろさないようにするのがイイと思います。

こうすれば、自動的にお金が貯まっていきますよね。

貯金用の口座は基本的にはお金を下さないので、金利の高いネット銀行にして、定期預金にしてしまいましょう。

最近はとっても低金利で、利息は雀の涙ですが、ないよりはマシです。

口座残高が1000万円を越えるごとに新しく開設

じゃあ、銀行口座は絶対に3つがいいのかと言ったら、必ずしもそうではありません。

実際、miyaneは銀行口座を5つ持っています。

理由は、ペイオフ (預金保証制度)です。

銀行預金って元本保証って言いますが、実は預けたお金がなくなるケースもあります。銀行が経営破たんしたケースですね。

この場合、基本的には預金が一部なくなってしまいます。元本保証っていうのは、「銀行が潰れなければ」っていう意味です。

銀行がつぶれたら預金者は損するんですね。

そもそも、なんで銀行に預金したら利子がもらえるのか?っていうと、銀行預金にリスクがあるからなんです。

リスクなしで、お金を預けるだけでお金をもらえるなんて、そんなおいしい話はあり得ないんです。

銀行が破たんしたらお金が返ってこないっていうリスクをとってるから、銀行は預金者にお金をくれるんですね。

で、ペイオフというのは、銀行口座は1000万円まで預金保証制度の対象になるという制度です。

つまり、仮に銀行がつぶれても、預金残高1000万円までは、政府が保証を行います。

ですので、預金残高1000万円までは基本的には安心して銀行に預けられます。

逆に言えば、預金残高1000万円以上の口座は、銀行が破たんした場合に一部のお金が返ってこないことになります。

ですので、口座残高が1000万円を超えるたびに、新たな口座を開設するのをオススメします。

口座が増えすぎたら、money forwardがオススメ

ただ、このようなやり方では貯金が増えていくにつれて、銀行口座も増えていってしまいます。

そして、銀行口座が増えていくと、口座の管理が煩雑になっていってしまいますよね。

そんな時にオススメなのが、money forwardです。

money forwardは、複数の銀行口座や証券口座をまとめて残高表示をしてくれるスグレモノです。

今自分の金融資産がいくらあるのかが一目瞭然です。

(自分のアカウントの画面キャプチャを張ろうかと思いましたが、とりあえずやめておきます(^^;)

総資産だけでなく、各口座の残高も一覧で表示されますので、とっても便利ですよ。

クレジットカードや口座の引き落とし情報も記載されるので、簡単な家計簿の代わりにもなります。

口座が増えすぎて管理が大変になってきた方は、ぜひmoney forwardを試してみるといいと思います。

「情報漏洩が不安でちょっと使うのが怖い」という方もいるかもしれません。

でもmoney forwardに登録する必要があるのって、ログインIDとパスワードだけなんですね。取引パスワードは登録する必要がないんです。

つまり、万が一情報が漏洩しても送金とかの取引が勝手にされることはありません。

なので、最悪自分の口座残高がバレるだけで、お金が盗まれたりという心配はほとんどないので、そこまで心配になる必要はないんじゃないかな、と思います。

もちろん、会社自体もIDとパスワードが流出しないように万全の対策をしていますしね。

まとめ

今回は、個人的にオススメの銀行口座の管理方法についてお話ししました。

基本は銀行口座を3つ使い分けるのが家計管理がしやすいと思います。

妻用口座、夫用口座、貯金用口座の3つですね。

で、貯金用口座の残高が1000万円を超えるたびに、新たに口座を開くというやり方がいいんじゃないでしょうか。

貯金額が増えてくると銀行口座の管理が煩雑になってきますが、money forwardなどのアグリゲーションサイトを使えば、効率的に口座を管理できます。