僕が車に乗らない理由: 車を所有する3つのデメリットとは?

皆さん、車って持ってますか?

つい20年くらい前までは、

「車を持つのがステータス」

「車は生活の必需品」

って時代でしたよね。

ですが、最近は若者の車離れが進んでいるって言うニュースを目にしたことはありませんか?

実際、僕の会社の同期3人は、いずれも車を持ってないです。

さらに言うと、その中の一人は免許すら持ってないです。

個人的にも、今まで一度も車を買ったことはありませんが、特に不便を感じたことはないですね。

たいてい電車かバスで事足りますから。

もちろん、地域によっては本当に「車がないと生活できない」場合もあるかもしれませんが、都市部に住んでいる人は車は生活必需品ではないでしょう。

そして、個人的にはこの車を持たない流れに大賛成です。

車は可能なら持たない方がいいと思っているからです。

今回は、その理由につ経済面、安全面、利便性の3点からお話します。

車を持つとお金がかかる

まずは経済面のデメリットです。車ってお金がメチャメチャかかるんです。

車って買うと高いですよね。

新車だと2~300万円くらいしますからね。

しかも、貯金がない人だと自動車ローンを使うので、実際の支出額はもっと大きくなります。

300万円の車を金利5%の5年ローンで買った場合、総支払額は約332万円にもなります。

一年あたり66万円の支出です。

自動車ローンはやっぱり高いですね。

しかも、支出はコレだけじゃありません。自動車はランニングコストも高いんです。

ガソリン代に月5千円、駐車上代に月3万円とすると、これだけで年間支出が40万円を越えてしまいます。

車を10年ごとに買い替えるとすると、1年当たりで33万円 + 40万円 = 73万円もクルマ費がかかるわけですね。

1か月あたりだと約6万円にもなります。

車は金食い虫っていうのがよく分かりますね。

交通事故が怖い

あと、車に乗るのは安全面からもリスクがあります。

交通事故にあう確率が上がりますからね。

例えば、電車と比べてみると自動車の危険性がよく分かると思います。

2016年度に交通事故で亡くなった数は4,117人です。

一方、電車の乗客の死亡事故ってほぼ皆無ですよね。

ですので、移動をするんであれば、電車を使った方が断然安全性が高いってことです。

自動車は、100人に1人が一生のうちに死亡事故を起こすと言われています。

自動車に乗らなければならない事情があるのであれば別ですが、ただ何となく車を所有しているんであれば、思い切って車を手放してみるのもいいかもしれまえん。

車は以外と不便

そもそも車って自分で運転しないといけないんですよね。

電車だったら、座って本を読んでるだけで目的地に着くのに。

実際、車での移動って色々不便じゃないですか?

だって、目的地に着いても駐車場を探す必要があるんですよ?

都市部だと駐車場探すのにも一苦労ですよね。

頑張って探した挙句、駐車代までとられちゃうんですよ?

面倒くさい上にもったいなくないですか?

まとめ

今回は、車に乗らない個人的な理由についてご紹介しました。

miyaneは東京在住ですが、東京に住み始めたから今まで一度たりとも車の必要性を感じたことはありません。

今後、車を所有しない時代が到来すると言われています。

実際、今でもカーシェアリングは普及し始めていますしね。

近い将来には、自動運転車が普及すると言われています。

「車を所有する」のが時代遅れになる時がやってくるかもしれませんね。