自動車保険の節約

今回は自動車保険の節約法についてお話します。

車に乗っている方はほとんどすべての方が自動車の任意保険に入っていると思います。

それもそのはず、自動車の任意保険は、必須の保険だからです。

今までなんでもかんでも「保険は要らない」なんて言ってましたが、自動車保険だけは例外です。

貯金が70万円あれば医療保険は要らない

貯金が70万円あればがん保険は要らない

生命保険が要らない人は意外と多い

自動車の任意保険に加入しなくていいのは、金融資産が数億円を越えている人に限られます。そのくらいお金があれば、例え事故を起こしても、賠償金を支払うことができますからね。

ですが、そうでない人がほとんどでしょう。ですので、自動車保険は必須なんです。

自動車保険は不可欠だからこそ、出来れば保険の支払いを安く抑えたいですよね。今回は自動車保険の節約法についてお話します。

そもそも自動車って必要?

まず、一番最初に考えるべきは、本当に自分に自動車が必要なのかどうか?です。

自動車が必ずしも必要ないのであれば、手放してしまいましょう。これが最大の節約法です。

自動車を持ってなければ自動車保険なんて入らなくて良いですもんね。

そもそも、自動車って金食い虫なんです。ランニングコストがえらい高いです。ガソリン代に月5千円、駐車上代に月3万円とすると、これだけでも年間支出が40万円を越えてしまいます。

40万円って、ボーナス1回分に相当する方もいるんじゃないでしょうか。

さらに、車検代や保険料などを考慮すると…恐ろしいですね。

都市部で駅近の場合、実は自動車は要らないという方は結構いるんじゃないでしょうか。そのような場合、思い切って自動車を売ってしまいましょう。カーシェアリングをするなり、色々やり方はあるはずです。

特約は基本的に外す

自動車保険には色々な特約がありますよね。

例えば、車両保険とか弁護士費用特約とかですね。

どれをつけるべきか、迷っている方も多いと思います。

こんなときは、保険の基本に立ち返りましょう。

保険の基本は、「自分では背負いきれないリスクに備える」です。

保険は加入すれば基本的に損をします。これは当たり前ですよね。だって保険会社は営利企業なんですから。平均的に見て、保険の支払額は保険金の受取額より大きいはずなんです。

ですので、自分の貯金から払えるリスクに関しては、保険に入らないのが得策です。

車両保険ですが、仮に事故を起こした後、本当に車を買うお金がありませんか?

中古車で探せば、2~30万円で車を買い替えられますよね?

こう考えると、特約をつけて備えるべき支出ではないのが分かると思います。

また、弁護士費用、本当に払えませんか?

そもそも、交通事故で弁護士を使うケースって、自分が被害者の場合がほとんどですよね。

示談金や賠償金を加害者から多く取るために弁護士に依頼するんです。

ってことは、弁護士に費用が払えずに困る状況なんてありえないですよね。

ですので、弁護士費用特約は不要です

また、余談ですが、死亡・障害特約も必要ないです。死亡保障が必要なのであれば、生命保険に入りましょう。わざわざ交通事故に特化して死亡保障を増やす意味がありませんよね。

こうして考えてみると、ほとんどの特約が不要であることが分かります。

こんなもの、全部外してしまいましょう。

基本的に必須なのは、対人・対物保障だけでしょう。

少しでも安い保険を探す

最後に、今加入している保険より安い保険を探しましょう。

最近は本当に便利で、保険料の比較を一括で行えるHPもあります。
『保険の窓口 インズウェブ』

場合によっては、年間数万円単位で保険料が安くなることもありますので、とりあえず保険料を比較してみたらいかがでしょうか。

まとめ

今回は自動車保険の節約法についてお話ししました。

自動車保険はほとんどの人にとって必須の保険です。

ですので、最大の節約法は、そもそも車に乗らないことです。

どうしても車が必要なのであれば、特約を外してシンプルな保険にするとよいでしょう。

また、保険の一括比較サービスで簡単に比較できますので、保険料の安い保険会社を探してみましょう。